2004.10.13

【Pharma Business】 SCRIP MAGAZINE:抗癌剤の併用療法はどこまで有効か(下)

 薬剤の併用では、耐用性が重要な問題となる。毒性が低く、摂取が容易な薬同士でさえ、併用により障害が生じる可能性がある。しかし、AvastinとTarcevaの併用では、その心配はなさそうだ。非小細胞肺癌に投与したアラン・サンドラー氏(ヴァンダービルト・イングラム癌センター)と、腎臓癌で試したジョン・ヘインズワース氏(サラ・キャノン癌センター)の二つの臨床試験では、各々の抗癌剤が上限量投与されたが、最も頻繁に認められた副作用は発疹と下痢だけだった。またサンドラー氏の試験では、一部の患者でAvastin投与の際に軽い血圧上昇が見られた(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、市中病院人気が再び加速 【2017年度】フルマッチ校は11校、東京医科歯科大は5年連続 FBシェア数:239
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:375
  3. ベルソムラは就寝前に飲んじゃダメ!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:122
  4. 高齢でもピロリ除菌を行うべきもう1つの理由 リポート◎ピロリ除菌の目的は胃癌発症抑制と潰瘍予防だけじゃない! FBシェア数:185
  5. キャラクターで抗菌薬を覚える!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:82
  6. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:91
  7. 待望の内服薬が承認、治療アドヒアランス向上に期待 Unmet Medical Needs 2017 秋 FBシェア数:2
  8. 国内初の『慢性便秘症診療GL』の特徴は? 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:124
  9. 「医療訴訟がとにかく怖いんです!」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:19
  10. 意外と世間から誤解されている「救急」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:96