2004.10.13

【Pharma Business】 SCRIP MAGAZINE:抗癌剤の併用療法はどこまで有効か(下)

 薬剤の併用では、耐用性が重要な問題となる。毒性が低く、摂取が容易な薬同士でさえ、併用により障害が生じる可能性がある。しかし、AvastinとTarcevaの併用では、その心配はなさそうだ。非小細胞肺癌に投与したアラン・サンドラー氏(ヴァンダービルト・イングラム癌センター)と、腎臓癌で試したジョン・ヘインズワース氏(サラ・キャノン癌センター)の二つの臨床試験では、各々の抗癌剤が上限量投与されたが、最も頻繁に認められた副作用は発疹と下痢だけだった。またサンドラー氏の試験では、一部の患者でAvastin投与の際に軽い血圧上昇が見られた(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専門医制度も働き方改革も、好きにしてくださいな(… 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:99
  2. 大人の自閉スペクトラム症は第二の新型うつ病? 宮岡等の「精神科医のひとりごと」 FBシェア数:85
  3. カンマの打ち方で意味が全く変わりますよ! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:20
  4. 日本脳神経外科学会がNCDから離脱したワケ 非手術症例も登録する独自データベースの運用を開始 FBシェア数:53
  5. 医療事故調の院内調査に弁護士の介入は要らない シリーズ◎どうする医療事故調制度 FBシェア数:33
  6. 心筋梗塞患者のせん妄治療に何を使う? BMJ誌から FBシェア数:160
  7. 血液ガス生理のバイブル 医学書ソムリエ FBシェア数:6
  8. 急性膵炎 動画で学ぶ腹部エコー診療の実際 FBシェア数:8
  9. 腹腔鏡ではなくロボット手術でお願いします 記者の眼 FBシェア数:24
  10. 胸部CTの読影では肺外にも注意する 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:16
医師と医学研究者におすすめの英文校正