2004.10.13

低価格化進む電子カルテ、1床当たり50万円の製品も 

 かつて電子カルテの導入コストは、「1床当たり最低でも100万円から。通常は200万〜300万円は必要だ」といわれてきた。だが現在、中小病院を対象とした電子カルテは、1床当たり50万〜100万円前後にまで低価格化が進んでいる(詳細は「日経ヘルスケア21」10月号28ページの特集記事参照)。

 低価格化の秘密は「パッケージ化」だ。従来の電子カルテのようにカスタマイズは極力実施せず、一般的な病院に必要な機能をあらかじめ用意したタイプの製品を、ベンダーが数多く投入し始めたのである。

 実際に、大病院向け電子カルテでは4割近いシェアを持つ富士通(株)は、2003年6月に中小病院向けの電子カルテ製品「HOPE/EGMAIN-FX」を投入。大手ベンダーとしては、1床当たり100万円前後からと、導入コストを大幅に引き下げた。従来の電子カルテでは1年以上かかる導入期間も、半年程度に抑えた。

 これが引き金となり、中小病院向け電子カルテを提供する他ベンダーもパッケージ化・低価格化戦略を進め、現在の導入コストは1床当たり70万円前後までになっている。さらに、低価格化の引き金を引いた富士通は、「もう一段階価格を引き下げて、中小病院へのさらなる普及を目指したい」とより一層の低価格化への意欲を示す。今後も電子カルテの低価格化が進むことは、まず間違いがなさそうだ。(川崎慎介、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:261
  2. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1
  4. 医師需給の議論の進め方は「異常かつ非礼」 社会保障審議会医療部会で厚労省の議論の進め方に批判が噴出 FBシェア数:1
  5. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:4
  6. 新種カンジダによる侵襲性感染の世界的発生をCDC… トレンド◎3系統の抗真菌薬に耐性化した「C. auris」 FBシェア数:123
  7. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:118
  8. 療養病床のあり方に関する議論の整理案まとまる シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:1
  9. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:87
  10. 教授の真似事をしてみたが…… 薬局経営者奮戦記〜社長はつらいよ FBシェア数:14