2004.10.13

低価格化進む電子カルテ、1床当たり50万円の製品も 

 かつて電子カルテの導入コストは、「1床当たり最低でも100万円から。通常は200万〜300万円は必要だ」といわれてきた。だが現在、中小病院を対象とした電子カルテは、1床当たり50万〜100万円前後にまで低価格化が進んでいる(詳細は「日経ヘルスケア21」10月号28ページの特集記事参照)。

 低価格化の秘密は「パッケージ化」だ。従来の電子カルテのようにカスタマイズは極力実施せず、一般的な病院に必要な機能をあらかじめ用意したタイプの製品を、ベンダーが数多く投入し始めたのである。

 実際に、大病院向け電子カルテでは4割近いシェアを持つ富士通(株)は、2003年6月に中小病院向けの電子カルテ製品「HOPE/EGMAIN-FX」を投入。大手ベンダーとしては、1床当たり100万円前後からと、導入コストを大幅に引き下げた。従来の電子カルテでは1年以上かかる導入期間も、半年程度に抑えた。

 これが引き金となり、中小病院向け電子カルテを提供する他ベンダーもパッケージ化・低価格化戦略を進め、現在の導入コストは1床当たり70万円前後までになっている。さらに、低価格化の引き金を引いた富士通は、「もう一段階価格を引き下げて、中小病院へのさらなる普及を目指したい」とより一層の低価格化への意欲を示す。今後も電子カルテの低価格化が進むことは、まず間違いがなさそうだ。(川崎慎介、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. エリートサラリーマンが子どもに私立医学部を勧める… 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:28
  2. 主訴「僕、麻疹かもしれない」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:88
  3. 某球団の熱烈ファンを狙った医師採用戦略 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:121
  4. 「オギノ式」を生んだ荻野久作夫妻の絆 病と歴史への招待 FBシェア数:3
  5. OSA患者のCPAP使用は性生活の質を改善する JAMA Otolaryngol Head Neck Surg誌から FBシェア数:10
  6. 探してます。自然な理由を 病院珍百景 FBシェア数:15
  7. 高齢者の結核に要注意、フレイルは治療のリスク 学会トピック◎第60回日本老年医学会学術集会 FBシェア数:39
  8. 麻疹で困っている、知りたい、気になることは? ソーシャルネットワークでAMRに挑む FBシェア数:13
  9. ムコイド型耐性肺炎球菌に新たな耐性菌が 学会トピック◎第92回日本感染症学会・第66回日本化学療法学会 FBシェア数:20
  10. どうして今さら訪問看護!? ぐるぐる訪問看護 FBシェア数:42
医師と医学研究者におすすめの英文校正