2004.10.12

咽頭結膜熱の減少続く、A型溶レン菌咽頭炎も減少−−感染症週報第39週から

 国立感染症研究所感染症情報センターが10月8日に公表した2004年第39週(9月20日〜9月26日)の感染症週報(感染症発生動向調査)によると、咽頭結膜熱、A型溶血性レンサ球菌咽頭炎、感染性胃腸炎などの定点当たり報告数(1医療機関当たりの患者数)の全国平均値が軒並み減少した。ただし、第39週には祝日が2日あり、その影響で報告数が減少している可能性もある。

 咽頭結膜熱の定点当たり報告数は第30週以降、10週連続して減少し、第39週には定点当たり報告数の全国平均値は0.15と、ピーク時の8分の1に減少した。都道府県別では福井県(1.4)と宮崎県(0.7)が多い。

 A型溶血性レンサ球菌咽頭炎は第33、34週で底を打った後、35〜38週まで4週連続して増加したが39週には減少した。都道府県別では大分県(1.4)、富山県(1.3)、鳥取県(1.3)が多い。

 手足口病は2003年には年間の最高値が過去10年間で第3位となる比較的大きな流行となったが、2004年は報告数が大幅に減少、第39週までの年内最高値は過去10年で1996年、1999年に次いで少ない。第35週以降、微増していたが第39週には微減した。都道府県別では、宮崎県(9.2)、高知県(3.4)、鹿児島県(3.4)が多い。

 全数報告の対象となる感染症については以下の通り(10月1日集計分)。
 1類感染症:なし。
 2類感染症:コレラ3例、細菌性赤痢18例、パラチフス4例。
 3類感染症:腸管出血性大腸菌感染症67例(うち有症者42例)。宮城県(8例)、鳥取県(8例)、福島県(7例)が多い。
 4類感染症:日本紅斑熱2例、マラリア1例、レジオネラ症2例、A型肝炎2例。
 5類感染症:アメーバ赤痢3例、ウイルス性肝炎1例(B型)、クリプトスポリジウム症1例、後天性免疫不全症候群15例(AIDS2例、無症候12例、その他1例)、ジアルジア症2例、梅毒1例、破傷風3例。

 詳しくは、感染症発生動向調査週報まで(pdfファイル)。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:129
  2. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:57
  3. NCDで変わり始めた外科手術 リポート◎登録開始から5年、800万を超える外科症例データが集積 FBシェア数:35
  4. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:282
  5. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急
  6. 地域枠義務放棄の医師採用は研修補助金を減額 臨床研修病院はマッチング時に「地域枠医師」かどうかの確認を FBシェア数:221
  7. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚
  8. 国主導の『抗微生物薬適正使用の手引き』公表へ 厚生科学審議会感染症部会で了承 FBシェア数:87
  9. 13歳女児。繰り返す嘔吐 日経メディクイズ●小児
  10. 今年の大学医学部入試の問題から(その1) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1