2004.10.12

ココだけは外せない、外用剤のぬり方指導−−日経DIの特集

最新号表紙画像 「適量を患部に」で済ましてしまうことが多い皮膚外用剤の塗り方の指導。だが実際には、患部に力を入れてすり込んだり、必要以上に多くの量を使用したりと、不適切な塗り方をしてしまう患者もいる。外用剤の正しい塗り方やステロイド外用剤を投薬する際のポイント、混合時の注意点など、外用剤の調剤・指導にまつわる基本をまとめた。

 日経ドラッグインフォメーション10月号のリポートは、「「ココだけは外せない、外用剤のぬり方指導」です。このほかの主な内容は下記の通り。

リポート 
 あなたの薬局も狙われている!? 急増する「薬局泥棒」撃退法。時間稼ぎが肝心、開店中に来る下見にも注意

 最近、薬局への侵入犯罪が急増している。薬局には、夜間に人がいない、女性の従業員が多い、現金が豊富など、ターゲットにされやすい要件がそろっているからだ。昨年10月には、調剤薬局を舞台に強盗死傷事件まで発生した。「自分の薬局は大丈夫」という過信は禁物だ。薬局を守るには、様々な工夫を凝らして犯行を妨ぐことが欠かせない。

DIクイズ:服薬指導−1 
 抗真菌剤のパルス療法と睡眠剤服用のタイミング

DIクイズ:服薬指導−2 
 2種類処方されたNSAIDs外用剤

DIクイズ:処方せんを読む
 皮膚潰瘍治療薬が変更された理由

 詳しくは、日経ドラッグインフォメーション10月号(10月10日発売)をお読み下さい。

 定期購読は、オンラインでもお申し込みいただけます。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:77
  2. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:2
  3. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:244
  4. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:35
  5. 救クリが研修先として適切か検証してみた 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:1
  6. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. ニボルマブ薬価50%下げは厚労省判断だった 医療行政の舞台裏◎実は「官邸に押し切られた」のではなく… FBシェア数:1
  8. 医師国家試験を解答するAIの正体教えます トレンド◎人工知能が医療現場にやってくる FBシェア数:221
  9. 腸管アンモニア産生菌に対する肝性脳症治療薬 最新DIピックアップ FBシェア数:8
  10. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1