2004.10.12

【Pharma Business】 日本製薬企業の問題点(1) 意思決定を遅らせる固定的な組織、システム、ルール

 日本の製薬企業における研究開発プロジェクトは、真の意味での「プロジェクト」として機能しているとは言い難い。研究開発に失敗した事例を検証していくと、ラインを基本とする研究開発組織の下で、ライン業務とプロジェクトの優先順位が明確でなかったというケースが非常に多いことに驚かされる。また、担当者がライン業務で手一杯のところに、人員の補強もなく、さらに組織横断的なプロジェクトを担当しなければならなかったりして、人事評価上の混乱を招いているといった類の話も枚挙に暇がない。

 一方、日本企業に固有の役職制の下では、プロジェクトリーダーに十分な権限が与えられておらず、名刺にも果たすべき機能が印刷されていない。このため、役職が低いプロジェクトリーダーが、ラインの部長との間で、プロジェクトの優先順位を巡る調整に奔走せざるを得ないといった問題も数多く生じている(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:294
  2. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:13
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:257
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:4
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:39
  8. 安定狭心症へのPCI、症状改善に有意差認めず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:0
  9. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  10. インフルエンザウイルスの抗原変異は予測可能 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《Interview》 FBシェア数:3