2004.10.12

【Pharma Business】 Pharmaceutical Executive:1000億円超の抗菌薬、Ciproのサクセスストーリー(下)

 Ciproは登場以来、尿管感染症(UTI)治療薬として市場を席巻したが、1996年から97年にかけてCiproチームは、呼吸器感染(RTI)でのシェア拡大に着手した。バイエルではこの時期、新しいニューキノロン系抗菌薬のAvelox(モキシフロキサシン)の開発が進んでおり、呼吸器分野での貢献が期待されていた。Ciproのシェア拡大には、RTIにおけるニューキノロン薬の使用に先鞭を付け、Aveloxの道を開く狙いも秘められていた。

 販促キャンペーンはCiproの経口剤開発チーム(COLT)が担当した。チームが最初に手掛けたのは、呼吸器専門医からなる開発支援委員会を結成して大量の論文を収集することだった。この論文収集が意外にも販促に結び付いた。Cipro / CiproXRのマーケティング担当役員代理であるジョナサン・ハリスは、「戦略の成功に論文収集は不可欠だった」と強調する。ハリスの語るところでは、当時の医師の多くは連鎖球菌への効果に疑問を抱いていた。地道な論文収集で得られたCiproの有効性を示す治験報告書は、販促の大きな武器となり「一流の呼吸器専門医や感染症専門医から支持を得た」という(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:77
  2. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:2
  3. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:244
  4. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:35
  5. 救クリが研修先として適切か検証してみた 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:1
  6. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. ニボルマブ薬価50%下げは厚労省判断だった 医療行政の舞台裏◎実は「官邸に押し切られた」のではなく… FBシェア数:1
  8. 医師国家試験を解答するAIの正体教えます トレンド◎人工知能が医療現場にやってくる FBシェア数:221
  9. 腸管アンモニア産生菌に対する肝性脳症治療薬 最新DIピックアップ FBシェア数:8
  10. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1