2004.10.12

【Pharma Business】 Pharmaceutical Executive:1000億円超の抗菌薬、Ciproのサクセスストーリー(下)

 Ciproは登場以来、尿管感染症(UTI)治療薬として市場を席巻したが、1996年から97年にかけてCiproチームは、呼吸器感染(RTI)でのシェア拡大に着手した。バイエルではこの時期、新しいニューキノロン系抗菌薬のAvelox(モキシフロキサシン)の開発が進んでおり、呼吸器分野での貢献が期待されていた。Ciproのシェア拡大には、RTIにおけるニューキノロン薬の使用に先鞭を付け、Aveloxの道を開く狙いも秘められていた。

 販促キャンペーンはCiproの経口剤開発チーム(COLT)が担当した。チームが最初に手掛けたのは、呼吸器専門医からなる開発支援委員会を結成して大量の論文を収集することだった。この論文収集が意外にも販促に結び付いた。Cipro / CiproXRのマーケティング担当役員代理であるジョナサン・ハリスは、「戦略の成功に論文収集は不可欠だった」と強調する。ハリスの語るところでは、当時の医師の多くは連鎖球菌への効果に疑問を抱いていた。地道な論文収集で得られたCiproの有効性を示す治験報告書は、販促の大きな武器となり「一流の呼吸器専門医や感染症専門医から支持を得た」という(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 非医師がタトゥーを彫るのは医師法違反か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:76
  2. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:156
  3. 診療報酬改定は在宅の負担軽減、遠隔診療が焦点 特集◎かかりつけ医の未来《動向編3》 FBシェア数:4
  4. 油断して言うと必ず何かが起こるアノ言葉!! 病院珍百景 FBシェア数:14
  5. 酒を飲んで仕事!? 待機中の飲酒はアリなのか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:190
  6. 胃潰瘍後のPPIはいつまで続ける? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:4
  7. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:94
  8. 有名医学雑誌は編集者の利益相反対策が必要 BMJ誌から FBシェア数:10
  9. ここまで分かった! 2018診療報酬改定の中味 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:28
  10. 【漫画】手帳シールの拒否が招いたトラブル ガンバレ薬剤師 FBシェア数:43