2004.10.12

【Pharma Business】 Pharmaceutical Executive:1000億円超の抗菌薬、Ciproのサクセスストーリー(下)

 Ciproは登場以来、尿管感染症(UTI)治療薬として市場を席巻したが、1996年から97年にかけてCiproチームは、呼吸器感染(RTI)でのシェア拡大に着手した。バイエルではこの時期、新しいニューキノロン系抗菌薬のAvelox(モキシフロキサシン)の開発が進んでおり、呼吸器分野での貢献が期待されていた。Ciproのシェア拡大には、RTIにおけるニューキノロン薬の使用に先鞭を付け、Aveloxの道を開く狙いも秘められていた。

 販促キャンペーンはCiproの経口剤開発チーム(COLT)が担当した。チームが最初に手掛けたのは、呼吸器専門医からなる開発支援委員会を結成して大量の論文を収集することだった。この論文収集が意外にも販促に結び付いた。Cipro / CiproXRのマーケティング担当役員代理であるジョナサン・ハリスは、「戦略の成功に論文収集は不可欠だった」と強調する。ハリスの語るところでは、当時の医師の多くは連鎖球菌への効果に疑問を抱いていた。地道な論文収集で得られたCiproの有効性を示す治験報告書は、販促の大きな武器となり「一流の呼吸器専門医や感染症専門医から支持を得た」という(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  2. 「AIに興味がある医師」を探し始めた病院の狙い 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  3. 長引く感冒を疾患クラスターで考える 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:13
  4. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  5. 患者応対を改善させる「マジックフレーズ」 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  6. 手指衛生、ちゃんとやってるのに、一体何が… わかる!院内感染対策 FBシェア数:108
  7. 原因はおやつ!身体のココを見れば分かる!? 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:85
  8. カルボシステインの薬疹は夜飲むと起こりやすい 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:434
  9. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:390
  10. 抗PD-1抗体投与後の1型糖尿病発症、実態は 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:95