2004.10.12

【Pharma Business】 Pharmaceutical Executive:1000億円超の抗菌薬、Ciproのサクセスストーリー(下)

 Ciproは登場以来、尿管感染症(UTI)治療薬として市場を席巻したが、1996年から97年にかけてCiproチームは、呼吸器感染(RTI)でのシェア拡大に着手した。バイエルではこの時期、新しいニューキノロン系抗菌薬のAvelox(モキシフロキサシン)の開発が進んでおり、呼吸器分野での貢献が期待されていた。Ciproのシェア拡大には、RTIにおけるニューキノロン薬の使用に先鞭を付け、Aveloxの道を開く狙いも秘められていた。

 販促キャンペーンはCiproの経口剤開発チーム(COLT)が担当した。チームが最初に手掛けたのは、呼吸器専門医からなる開発支援委員会を結成して大量の論文を収集することだった。この論文収集が意外にも販促に結び付いた。Cipro / CiproXRのマーケティング担当役員代理であるジョナサン・ハリスは、「戦略の成功に論文収集は不可欠だった」と強調する。ハリスの語るところでは、当時の医師の多くは連鎖球菌への効果に疑問を抱いていた。地道な論文収集で得られたCiproの有効性を示す治験報告書は、販促の大きな武器となり「一流の呼吸器専門医や感染症専門医から支持を得た」という(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:24
  2. 78歳女性。主訴:激しい胸痛 総合内科BASICドリル FBシェア数:173
  3. 医療者の「献身的な労働」に甘えていませんか? 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:146
  4. ケアマネがショックを受けた医師からの一言 医師が知らない介護の話 FBシェア数:399
  5. ガイドラインではエコー、現場では… 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:160
  6. 終末期にどこまで抗菌薬を使用すべきか シリーズ◎在宅医療における感染対策(4) FBシェア数:606
  7. 「これ以上は無益」と言えない気持ちも伝えよう 国立病院機構東京医療センター倫理サポートチームの尾藤誠司氏に聞く FBシェア数:285
  8. いまの医師の好みはベンツよりハイブリッド車 医師1000人に聞きました FBシェア数:207
  9. 認知症700万人時代、数少ない収入アップの道 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:23
  10. 医師達はいかにして検察を騙してきたか 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:1