2004.10.12

乳児への虐待は泣きやまぬことによって誘発される

 子供に対する虐待とネグレクトは、小児の罹患率と死亡率を高める。オランダの研究者らは、生後1〜6カ月の乳児3259人を対象に調査を行い、乳児の長泣きが両親の有害な行動を引き起こす可能性を指摘した。詳細はLancet誌10月9日号に報告された。

 ユニセフの推計によると、OECD加盟国で1年間に3500人の子供が虐待により死亡している。うち800人以上が生後0〜11カ月の乳児だ。さらに、虐待総数は死亡者数の150〜2000倍になるという。

 虐待のリスク因子として、社会経済的な地位の低さ、暴力を容認する文化的背景、家族の崩壊、社会的隔離、子供の病気、親の精神的病気や薬物濫用、親自身が被虐待者だった、などが想定されている。

 しかし、何が虐待の引き金を引くかについては明らかではない。これまでに複数の症例報告が、子供の長泣きが致命的な虐待の引き金になりうることを示した。乳児は生後3〜4カ月までの間に最も良く泣く。ゆさぶられっこ症候群の発生時の月齢の平均は2.2カ月だ。今回オランダの研究者らは、子供の長泣きに誘発される親の有害な行動の頻度を調べ、予防的措置の対象となるリスク群の特定に取り組んだ。乳児が長泣きしたときにとった行動の自己報告を匿名で親たちから集めたところ、一部の親は、子供を泣きやませるために虐待と見なされるような行動をとることが明らかになった。

 虐待のハイリスク群は、移民、失業者、血のつながっていない親だった。実際に子供が泣き続けている時間は、親が感じているほど長くない場合が多い。従って、リスク因子を持つ親で、わが子は過度に泣くと考えている人々に接する医療関係者は、虐待の可能性に注意し、泣いている子供への対処法を指導する必要があるだろう。

 論文のタイトルは「Infant crying and abuse」、概要はこちらで閲覧できる(Lancetのサイトへの登録が必要です)。 (大西淳子、医学ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由 リポート◎指摘の見落とし、連携不足、多忙など改善点は多く FBシェア数:144
  2. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:4
  3. 今年の大学医学部入試の問題から(その1) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1
  4. 梅毒かも、結果が出るまではエッチ厳禁で 井戸田一朗の「性的マイノリティの診療日誌」 FBシェア数:96
  5. 貯金?最悪!元本保証の呪縛から解き放たれよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:0
  6. 「落ちこぼれ研修医が後輩に対してメンツを保つには… 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:4
  7. 新専門医制度、8月の専攻医募集開始に向け運用細則… 大都市の5都府県は定員に上限 FBシェア数:54
  8. 息子が中学受験、それでも地方に転職した医師の決断 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:7
  9. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  10. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る FBシェア数:1837