2004.10.12

乳児への虐待は泣きやまぬことによって誘発される

 子供に対する虐待とネグレクトは、小児の罹患率と死亡率を高める。オランダの研究者らは、生後1〜6カ月の乳児3259人を対象に調査を行い、乳児の長泣きが両親の有害な行動を引き起こす可能性を指摘した。詳細はLancet誌10月9日号に報告された。

 ユニセフの推計によると、OECD加盟国で1年間に3500人の子供が虐待により死亡している。うち800人以上が生後0〜11カ月の乳児だ。さらに、虐待総数は死亡者数の150〜2000倍になるという。

 虐待のリスク因子として、社会経済的な地位の低さ、暴力を容認する文化的背景、家族の崩壊、社会的隔離、子供の病気、親の精神的病気や薬物濫用、親自身が被虐待者だった、などが想定されている。

 しかし、何が虐待の引き金を引くかについては明らかではない。これまでに複数の症例報告が、子供の長泣きが致命的な虐待の引き金になりうることを示した。乳児は生後3〜4カ月までの間に最も良く泣く。ゆさぶられっこ症候群の発生時の月齢の平均は2.2カ月だ。今回オランダの研究者らは、子供の長泣きに誘発される親の有害な行動の頻度を調べ、予防的措置の対象となるリスク群の特定に取り組んだ。乳児が長泣きしたときにとった行動の自己報告を匿名で親たちから集めたところ、一部の親は、子供を泣きやませるために虐待と見なされるような行動をとることが明らかになった。

 虐待のハイリスク群は、移民、失業者、血のつながっていない親だった。実際に子供が泣き続けている時間は、親が感じているほど長くない場合が多い。従って、リスク因子を持つ親で、わが子は過度に泣くと考えている人々に接する医療関係者は、虐待の可能性に注意し、泣いている子供への対処法を指導する必要があるだろう。

 論文のタイトルは「Infant crying and abuse」、概要はこちらで閲覧できる(Lancetのサイトへの登録が必要です)。 (大西淳子、医学ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  2. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  4. 腰椎手術後に低酸素脳症、麻酔医らの過失認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:431
  6. なくならないアカハラ、学外機関設置で予防を 記者の眼 FBシェア数:28
  7. これからは早期からの在宅ケアの時代? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:72
  8. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:132
  9. オーソライズド・ジェネリックへの釈然としない思い… 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:45
  10. 逆流性食道炎のリスク因子に男女差あり 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2