2004.10.12

「政治的影響」にクレームの中医協、まずます増える政治の出番

 政治的な影響を受けるなどという文言は削除してほしいぐらいだ−−。10月6日に開催された中央社会保険医療協議会の全員懇談会で、星野進保会長は語気荒く語った。中医協を舞台とする贈収賄事件の当事者の一人、日本労働組合総連合会の幹部が示した、「中医協委員推薦にあたっての連合の改善策」と題した文書に対してのことだ。

 今回の全員懇談会は、連合のほか、日本歯科医師会や健康保険組合連合会が、事件の再発防止策を提示し、それについて議論するために開催された。6月9日以来、ほぼ4カ月ぶりの全員懇談会だ。

 会長が問題視したのは、連合が示した文書中の「中医協の改善について」という部分。文書は、今回の贈収賄事件が診療報酬改定のプロセス自体にもいくつか問題を投げかけているという認識から、以下のように指摘している。

 「診療報酬の改定が中医協を舞台に行われるにもかかわらず、その科学的根拠に基づく改定ルールが必ずしも明確ではなく、政治的な影響を受けるなど、被保険者・患者・国民が納得するだけの公平性・透明性が必ずしも担保されていない」。

 出席した連合の幹部が文言の主旨を説明することで、その場はとりあえず収まった。だが、筆者が違和感を持ったのは、むしろクレームをつけた格好の星野会長の発言に対してだった。

 年末ぎりぎりまでもつれたここ何回かの診療報酬改定で、その引き上げ率が日本医師会と政府・与党との話し合いで決まり、「政治決着」と言われたのは記憶に新しい。細かい点数設定の背景に、日本の医療をある方向に持っていこうとする厚生労働省の「政策誘導」があるのは、医療関係者ならだれでも認めるところだ。

 こうした現実をたびたび見せつけられては、診療報酬の改定が政治的な影響とは無縁だと言われたところで、説得力に乏しいのは否めない。そもそも、科学的根拠だけで改定が実施できるのであれば、中医協のような利害調整のための機関は必要ないはずだ。

 かつて、税制に関して「公平・簡素・中立」が原則とされた。だが近年は、「活力」が強調されるようになってきた。経済を活性化させる手段として税制を活用しようという考えからだ。医療に関しても、医療費抑制という至上命題に加え、質の確保やアメニティー向上、さらには有望産業としての期待も背負うようになってきている。

 これだけ医療に求めるものが多様化してくれば、その行方を大きく左右する診療報酬の決定の際、何を優先するかの価値判断が求められるのは避けられない。これは、まさしく「政治的な影響」だろう。診療報酬決定の理想的なあり方はともかく、政治の出番は今後ますます増えてくるだろう。
(井上俊明、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 内科系診療科をたらい回しにされ、最終的には… 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:30
  2. 白衣にネクタイ、する? しない? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:40
  3. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:12
  4. TIAを見逃し後遺症 循環器科医の過失を認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:23
  5. 内科専攻医数、過去3年平均から21%も減少 人口10万人当たり最多は東京都の3.83人、最少は高知県の0.70人 FBシェア数:65
  6. 採血の上達に必要なモノとは!? 病院珍百景 FBシェア数:11
  7. 家畜に大量に使われるコリスチン、その対策は? 記者の眼 FBシェア数:44
  8. 2018年度診療報酬改定に向けた基本方針案 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:72
  9. 叱られた時のヘコみ度 病院珍百景 FBシェア数:21
  10. インフルエンザ迅速検査は必須? 医師1000人に聞きました FBシェア数:1