2004.10.08

ローソン、初のオリジナルサプリ4種を発売

 ローソンは、オリジナルサプリメント「満点サプリ」シリーズ4種類を、10月5日から全国の店舗(7909店、8月末時点)で発売した。

 このシリーズは、ローソンと、健康食品原料の販売を行うフィトファーマ(神奈川県横浜市)が共同開発した。ローソンはファンケルのサプリメントを販売しているが、オリジナルサプリメントは初めて。

 「効能を感じやすいよう、有効成分をしっかり入れた」とフィトファーマの司馬駿一代表取締役。含有成分量は確かに多いが、いずれも1パッケージ5日分で、350〜860円と値段は少し高め。

 目にいいブルーベリーのサプリメントは、1日目安量4粒中に、スウェーデン産ビルベリーを原料にしたブルーベリーエキスを400mg配合。市場では200mg前後の商品が主流で、「満点サプリ」の含有量は2倍近い。

 目の老化予防に役立つルテイン6mgとβカロチンを2.34mg配合しているが、こちらは標準的な量。価格は5日分で560円。

 また、脳血流を改善するイチョウ葉のサプリには、イチョウ葉エキスを1日量に240mg配合している。市場では120〜240mgに設定している商品が多いので、高含有の部類に入る。ほかに、記憶力や集中力を上げるといわれるハーブ、ビンカマイナー(ヒメツルニチニチソウ)のエキスや、脳や神経組織の細胞膜に含まれるホスファチジルセリンを組み合わせ、市場で知名度がそれほど高くない成分を用いて特徴を出している。

 この2品のほか、黒大豆の種皮から抽出した血液をサラサラにする成分「クロマニン」を配合した商品と田七(でんしち)人参のサプリメントがある。

 ローソンは今後、順次アイテム数を増やしていく予定。プレスリリースはこちら
(白澤淳子、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:544
  2. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  3. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:2
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:211
  5. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:431
  6. てんかん治療薬の使い方はここに注意! 2017年2月号特集◎抗てんかん薬Update FBシェア数:25
  7. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
  8. 鳴り響くアラーム音とPHS DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:5
  9. 前立腺生検の対象はMRIでトリアージするべき Lancet誌から FBシェア数:81
  10. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1051