2004.10.08

ローソン、初のオリジナルサプリ4種を発売

 ローソンは、オリジナルサプリメント「満点サプリ」シリーズ4種類を、10月5日から全国の店舗(7909店、8月末時点)で発売した。

 このシリーズは、ローソンと、健康食品原料の販売を行うフィトファーマ(神奈川県横浜市)が共同開発した。ローソンはファンケルのサプリメントを販売しているが、オリジナルサプリメントは初めて。

 「効能を感じやすいよう、有効成分をしっかり入れた」とフィトファーマの司馬駿一代表取締役。含有成分量は確かに多いが、いずれも1パッケージ5日分で、350〜860円と値段は少し高め。

 目にいいブルーベリーのサプリメントは、1日目安量4粒中に、スウェーデン産ビルベリーを原料にしたブルーベリーエキスを400mg配合。市場では200mg前後の商品が主流で、「満点サプリ」の含有量は2倍近い。

 目の老化予防に役立つルテイン6mgとβカロチンを2.34mg配合しているが、こちらは標準的な量。価格は5日分で560円。

 また、脳血流を改善するイチョウ葉のサプリには、イチョウ葉エキスを1日量に240mg配合している。市場では120〜240mgに設定している商品が多いので、高含有の部類に入る。ほかに、記憶力や集中力を上げるといわれるハーブ、ビンカマイナー(ヒメツルニチニチソウ)のエキスや、脳や神経組織の細胞膜に含まれるホスファチジルセリンを組み合わせ、市場で知名度がそれほど高くない成分を用いて特徴を出している。

 この2品のほか、黒大豆の種皮から抽出した血液をサラサラにする成分「クロマニン」を配合した商品と田七(でんしち)人参のサプリメントがある。

 ローソンは今後、順次アイテム数を増やしていく予定。プレスリリースはこちら
(白澤淳子、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:41
  2. 叱るのが苦手…、態度が悪い職員にどう指導? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:4
  3. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:426
  4. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:6
  5. 遠隔医療、ネット診療って儲かるの? 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:29
  6. 30代男性職員の母親から届いた理不尽な苦情 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:29
  7. 医療者を守る放射線防護の10カ条 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:83
  8. 「管理薬剤師以外は派遣」の薬局が迎えた結末 マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:4
  9. 在宅医療のサービス提供、評価のあり方を議論 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:67
  10. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:449