2004.10.08

【日本高血圧学会速報】 終了目前のJATOSで中間報告、脳心腎合併症の発症率は20.9例/1000例・年

 10月7日のKeynoteセッション1「介入試験」において、超高齢者を対象にわが国で進行中の介入試験、JATOS(The Japanese Trial to Assess Optimal Bolld Pressure in Elderly Hypertensive Patients)の中間報告が、横浜船員保険病院内科の石井當男氏により報告された。

 JATOSは高齢者の至適降圧目標値を明らかにすべく、わが国で行われている無作為化試験である。65〜85歳で収縮期血圧160mmHg以上の高血圧例を対象に、降圧目標を「140mmHg未満」にした場合と「160mmHg未満140mmHg」にした場合の脳心腎合併症の発症率が比較される。PROBE方式が採用されており、治療はオープンラベルで行い、治療群を知らされていないグループが評価判定を行う。

 現在「140mmHg未満」群に2165例、「160mmHg未満」群に2155例が割り付けられ追跡が行われている。平均年齢は74歳と高く、試験開始時の血圧は172/89mmHgだった。

 開始1年後、目標血圧に達していたのは「140mmHg未満」群の59.5%、「160mmHg未満」群の67.4%で、両群間の血圧の差は7.2/2.4mmHg(p<0.001)となっていた。

 また、昨年8月の時点で87例が脳心腎合併症をきたしており、発症率は20.9例/1000例・年となるという。「諸外国の試験に比べ対象が高齢であるにもかかわらず、発症率はさほど高くない」と石井氏は述べた。また死亡率も1.7例/1000例・年と低値だった(平均61.5歳を対象としたHOTスタディでは8.3/1000例・年)。

 本試験、本年末には終了予定とのことである。

(宇津貴史、医学レポーター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176