2004.10.08

「脳卒中を知る」市民公開シンポジウム、10月23日に東京で開催

 難病医学研究財団は10月23日、東京・平河町で「脳卒中を知る その克服に向けて」と題した市民公開シンポジウムを開催する。開催の概要とプログラムは次の通り。

日時:2004年10月23日(土曜日) 13時〜17時
場所:砂防会館別館(東京都千代田区平河町2-7-4)
参加費:無料
プログラムの概要:
「わが国の脳卒中 その対策は緊急の課題」(山口武典)
「脳卒中を薬で治す」(篠原幸人)
「脳卒中をリハビリで治す」(宮井一郎)
「脳卒中を克服して」(大岡信)
「脳卒中を防ぐ」(東儀英夫)
申し込み:先着順。はがき、FAX、電子メールで財団事務局に申し込む。空席があれば当日参加可能。
申込先:〒101-0052 東京都千代田区神田小川町1-6-3 財団法人難病医学研究財団事務局 TEL 03-3257-9021、FAX 03-3257-4788、電子メール zai.jimukyoku@nanbyou.or.jp

*セミナー・イベントなどの日程やプログラムは主催者の都合などで変更される場合があります。必ず事前に主催者側に確認のうえ、お出かけください。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  2. DNARの落とし穴 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:298
  3. 80歳男性。右胸部に再発を繰り返す結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:6
  5. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:337
  6. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1396
  7. 特発性喀血症、知っていますか? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:72
  8. 投与量調節の必要がない帯状疱疹治療薬 最新DIピックアップ FBシェア数:317
  9. 日医も警戒する「新型多機能サービス」の正体 記者の眼 FBシェア数:18
  10. 自身の認知症予防のために取り組んでいること 医師1000人に聞きました FBシェア数:4