2004.10.07

米国今シーズンのインフルエンザ・ワクチン供給量が半減、Chiron社英国工場の製造停止処分のため

 米国疾病対策センター(CDC)は10月5日、Chiron社(カリフォルニア州Emeryville)の英国Liverpool工場が、英国規制当局であるMHRA (Medicines and Healthcare products Regulatory Agency )からインフルエンザ・ワクチンの3カ月製造停止処分を受けたことで、今シーズンの米国内インフルエンザ・ワクチン供給量が約半減することを明らかにした。Chiron社はLiverpool工場で、米国に供給予定だった同社のインフルエンザ・ワクチン「Fluvirin」約4600〜4800万用量を製造する予定だった。

 英国MHRAによると、Chiron社Liverpool工場は、MHRAの定めた製造基準「Good Manufacturing Practice」に沿っておらず、製品への微生物汚染の可能性が生じたため、5日、製造停止処分を受けたとしている。

 米国厚生省(HHS)は、昨シーズンのインフルエンザ・ワクチン需要量が8700万用量だったことを受けて、今シーズン、Aventis Pasteur社(ペンシルベニア州Swiftwater)が製造する約5400万用量と併せ、全体で約1億用量の供給を予定していた。HHSでは、今シーズンのインフルエンザ・ワクチン供給量は深刻な問題を抱えることになるとし、ワクチン接種を、65歳以上の高齢者や生後6〜23カ月の乳児といった、ハイリスク・グループに対して優先的に行うよう医師らによびかけている。

 HHSはまた、Aventis社での増産など、インフルエンザ・ワクチンの供給量を増やす可能性を探り始めたとしている。

 詳しくは、CDCのニュース・リリースや、Chiron社のニュース・リリースまで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:118
  2. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:640
  3. 広がる中学生のピロリ検診・除菌 ニュース追跡◎エビデンス乏しく副作用の懸念も FBシェア数:547
  4. 酸素療法で飛んで行ったメガネ 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:69
  5. 急性肺塞栓除外のための新臨床ルールの提案 Lancet誌から FBシェア数:288
  6. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:206
  7. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:55
  8. 57歳男性。両下腿から足背の浮腫と紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  10. 高齢者の微熱、実は重篤なケースも 大井一弥の「即解!高齢者薬物治療のピットフォール」 FBシェア数:34