2004.10.07

米国今シーズンのインフルエンザ・ワクチン供給量が半減、Chiron社英国工場の製造停止処分のため

 米国疾病対策センター(CDC)は10月5日、Chiron社(カリフォルニア州Emeryville)の英国Liverpool工場が、英国規制当局であるMHRA (Medicines and Healthcare products Regulatory Agency )からインフルエンザ・ワクチンの3カ月製造停止処分を受けたことで、今シーズンの米国内インフルエンザ・ワクチン供給量が約半減することを明らかにした。Chiron社はLiverpool工場で、米国に供給予定だった同社のインフルエンザ・ワクチン「Fluvirin」約4600〜4800万用量を製造する予定だった。

 英国MHRAによると、Chiron社Liverpool工場は、MHRAの定めた製造基準「Good Manufacturing Practice」に沿っておらず、製品への微生物汚染の可能性が生じたため、5日、製造停止処分を受けたとしている。

 米国厚生省(HHS)は、昨シーズンのインフルエンザ・ワクチン需要量が8700万用量だったことを受けて、今シーズン、Aventis Pasteur社(ペンシルベニア州Swiftwater)が製造する約5400万用量と併せ、全体で約1億用量の供給を予定していた。HHSでは、今シーズンのインフルエンザ・ワクチン供給量は深刻な問題を抱えることになるとし、ワクチン接種を、65歳以上の高齢者や生後6〜23カ月の乳児といった、ハイリスク・グループに対して優先的に行うよう医師らによびかけている。

 HHSはまた、Aventis社での増産など、インフルエンザ・ワクチンの供給量を増やす可能性を探り始めたとしている。

 詳しくは、CDCのニュース・リリースや、Chiron社のニュース・リリースまで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:41
  2. 叱るのが苦手…、態度が悪い職員にどう指導? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:4
  3. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:426
  4. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:6
  5. 遠隔医療、ネット診療って儲かるの? 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:29
  6. 30代男性職員の母親から届いた理不尽な苦情 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:29
  7. 医療者を守る放射線防護の10カ条 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:83
  8. 「管理薬剤師以外は派遣」の薬局が迎えた結末 マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:4
  9. 在宅医療のサービス提供、評価のあり方を議論 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:67
  10. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:449