2004.10.06

重度要介護者の自立助けるロボット、セコムが来年度発売へ

 セコムは10月5日、寝たきりの要介護者などが自力でベッドから移動するための自立支援ロボット、「セコムリフト」の試作機(写真)が完成したと発表した。2005年度早々の商品化・発売を予定している。ロボットは2本の支柱の間にレールをわたし、そこからベルトを吊り下げて身体に装着する衣服型の吊り具と結び、リモコン操作で要介護者を持ち上げて運搬する仕組み。ベッドから車イスやポータブルトイレへの移動に利用できる。体重120kgの人まで吊り上げることが可能。6畳程度の広さがあれば、組み上げたリフトを置くだけで済み、特に住居の改造は要しない。

 移動の際に自動的に要介護者の姿勢を調節する機能を持ったり、4カ所で固定する吊り具とベルトのうち1カ所でもかけ忘れたら作動しないなど、快適性・安全性にも配慮している。

 セコムでは介護保険の福祉用具レンタルの対象商品として、月に3万円(自己負担3000円)程度で貸し出すことを計画している。購入の場合は、100万円弱の価格とする予定。初年度には数百台の納入を目標としている。

 セコムは、既に「マイスプーン」という要介護者が食事を取るのを支援するロボットを発売しており、今回の「セコムリフト」は医療・福祉分野のロボットとしては第2弾となる。そのほか、同社は現金護送ロボットや屋外巡回監視ロボットも開発している。
(井上俊明、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:29
  2. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:222
  3. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  4. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:237
  5. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:56
  6. 若年者のピロリ菌スクリーニング検査は簡便な尿中抗… 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385
  8. 初訪問で患者が激怒!そのワケは? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:79
  9. 「怒鳴る」「注意できない」管理者の結末 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:6
  10. 2016年の梅毒患者は4500人超、最多の東京都… 前年比で大幅増加 FBシェア数:239