2004.10.06

ニチイ学館、同社第1号の多機能サービス拠点を北九州市にオープン

 (株)ニチイ学館(東京都千代田区)は10月2日、同社初の多機能サービス拠点を北九州市門司区に開設した。2006年4月の介護保険制度改正で創設される予定の小規模・多機能型サービスや予防給付システムを念頭に置き、通所介護や訪問介護などの事業所を併設して利用者をトータルにケアするほか、介護予防サービスも実施できる体制を整備した。2005年4月からは一時宿泊サービスも提供していく予定だ。

 拠点の名称は「アイリスケアセンター早鞆(はやとも)」。定員40人の通所介護サービスを軸に、訪問介護、居宅介護支援、福祉用具貸与サービスも実施していく。通所介護事業所のデイルームは筋力向上トレーニングを提供するために、通常よりも広い約600平方メートルを確保して3種類のトレーニング機器を導入した。将来的には、健康運動指導士や理学療法士といった資格者を配置し、利用者ごとにきめ細かいリハビリテーション計画を作成できる体制も整えていく考えだ。このほか、菜園スペースを設けるなどして、自宅に閉じこもりがちな要介護者の通所を促す工夫も凝らした。

 2005年4月から実施する予定の一時宿泊サービスは、通所介護事業所の静養室や和室などにベッドを置いて提供していく。利用者の全額自己負担による1泊の利用を基本とする。定員は5〜10人程度とし、利用料は7000〜9000円程度とする予定。

 同社は今後、全国を対象にこのような多機能サービス拠点の整備を急ぐ。2007年3月末までに100カ所の新設拠点をオープンするほか、既存の100カ所の通所介護事業所を改装して多機能サービス拠点に切り替えていく。また、小規模の有料老人ホームも都市部で60施設を開設していく計画だ。同社は、多機能サービス拠点は2007年度に黒字化し、有老ホームに関しては各施設とも開設から2年目には稼働率が90%近くに達すると見込んでいる。
(豊川琢、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  2. 「AIに興味がある医師」を探し始めた病院の狙い 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  3. 長引く感冒を疾患クラスターで考える 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:13
  4. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  5. 患者応対を改善させる「マジックフレーズ」 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  6. 手指衛生、ちゃんとやってるのに、一体何が… わかる!院内感染対策 FBシェア数:108
  7. 原因はおやつ!身体のココを見れば分かる!? 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:85
  8. カルボシステインの薬疹は夜飲むと起こりやすい 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:434
  9. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:390
  10. 抗PD-1抗体投与後の1型糖尿病発症、実態は 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:95