2004.10.06

【Pharma Business】 SCRIP MAGAZINE:抗癌剤の併用療法はどこまで有効か(上)

 早期癌を完治させることは、既に珍しくなくなった。乳癌は早期に見つかることが多く、90%が治癒に至っている。問題は、発見が遅れ既に癌が転移してしまっている場合である。既存の抗癌剤では、全身に広がった癌の猛攻撃を抑えることは難しい。

 しかし現在では、正常な細胞の増殖も抑制する従来型の化学療法薬に代わり、癌細胞を選択的に攻撃する治療薬が用いられるようになってきた。「分子標的薬」と呼ばれる新しいタイプの抗癌剤は、なぜ正常な細胞が癌化し無秩序な分裂を始めるようになるのかを解明するための研究成果から生まれた。癌の増殖には、様々な増殖因子やタンパク質など、複数の要因が関係している(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ
  2. キャリアチェンジは成功だった?失敗だった? 医師1000人に聞きました FBシェア数:2
  3. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1840
  4. 見落としていませんか、先端巨大症 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:38
  5. 新専門医制度の来年導入に反対、1560人の署名を… 医師を中心にネットで集まり、厚生労働大臣に提出 FBシェア数:153
  6. 上腕に埋め込まれた「避妊の棒」を抜き取るには 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:105
  7. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  8. 俺はいたって元気なんだけどなあ〜 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:10
  9. 59歳女性。めまい 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  10. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:423