2004.10.06

【Pharma Business】 SCRIP MAGAZINE:抗癌剤の併用療法はどこまで有効か(上)

 早期癌を完治させることは、既に珍しくなくなった。乳癌は早期に見つかることが多く、90%が治癒に至っている。問題は、発見が遅れ既に癌が転移してしまっている場合である。既存の抗癌剤では、全身に広がった癌の猛攻撃を抑えることは難しい。

 しかし現在では、正常な細胞の増殖も抑制する従来型の化学療法薬に代わり、癌細胞を選択的に攻撃する治療薬が用いられるようになってきた。「分子標的薬」と呼ばれる新しいタイプの抗癌剤は、なぜ正常な細胞が癌化し無秩序な分裂を始めるようになるのかを解明するための研究成果から生まれた。癌の増殖には、様々な増殖因子やタンパク質など、複数の要因が関係している(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 蔓延するE型肝炎ウイルスを侮るな リポート◎年間新規感染者は15万人、免疫抑制下では劇症化リスクも FBシェア数:99
  2. 学会が「推奨しない検査」はコレ! 特集◎検査の賢い減らし方《Choosing Wiselyとは》 FBシェア数:749
  3. 「あの医者は検査してくれない」にこう対処 特集◎検査の賢い減らし方《実践編2》 FBシェア数:3
  4. 20歳を過ぎた「スターバースト」には要注意! 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」 FBシェア数:8
  5. 私がナースに戻ったワケ 病院珍百景 FBシェア数:2
  6. 検査は身体診察による診断の「答え合わせ」 特集◎検査の賢い減らし方《実践編3》 FBシェア数:36
  7. ギプス固定で肺塞栓、当時の医療水準に照らして予防… 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  8. キラキラ系女医とのデートにおけるコツと注意点 迷走外科医のこじらせ幸福論 FBシェア数:0
  9. リコンは本当に多い? カデット特集●医者の離婚 FBシェア数:1
  10. 頭をぶつけたが異常のない男児。CTを撮る? 医師1000人に聞きました FBシェア数:25