2004.10.05

米国製人工呼吸器、電源トラブルでクラス1の自主改修

 東京都は10月4日、都内の医療用具輸入販売業者が輸入した米国製人工呼吸器に電源切り替え機能の不具合があり、自主改修が実施されると発表した。

 トラブルがあったのは東京都文京区のパシフィックメディコが輸入していた米Pulmonetic Systems社の「人工呼吸器LTVシリーズ」で、古い外部バッテリーかシガーライターケーブルで電源を供給している際、電圧が低下しても予備の内部バッテリーに切り替わらず、人工呼吸器が停止した事例が全世界で30例、うち国内で1例発生した。海外では健康被害が1例発生しており、人工呼吸器の故障との因果関係について調査が進められている。

 改修対象は、「LTV1000」669台と「LTV950」226台。納入施設数は280施設で、うち在宅利用が120施設ある。納入先についてはパシフィックメディコがすべて把握している。なお、東京都と医薬品医療機器総合機構のホームページには、改修までの間に上記の問題が起きた場合の緊急対処法を掲載している。

 東京都のプレスリリースはこちら、医薬品医療機器情報提供ホームページの掲載情報はこちらで閲覧できる。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:142
  2. NHKさん大丈夫?ベルソムラで糖尿病予防って くめやすはるの「健康番組タメツスガメツ」 FBシェア数:565
  3. 院長を落胆させた「即戦力新人」の仕事ぶり 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:2
  4. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  5. 米国医療に憧れる君へ 愛のハリセン FBシェア数:129
  6. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:69
  7. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:322
  8. その点滴を止めろ! DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:15
  9. 「誇大広告」とはいったい何だったのか? 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:0
  10. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0