2004.10.05

米国製人工呼吸器、電源トラブルでクラス1の自主改修

 東京都は10月4日、都内の医療用具輸入販売業者が輸入した米国製人工呼吸器に電源切り替え機能の不具合があり、自主改修が実施されると発表した。

 トラブルがあったのは東京都文京区のパシフィックメディコが輸入していた米Pulmonetic Systems社の「人工呼吸器LTVシリーズ」で、古い外部バッテリーかシガーライターケーブルで電源を供給している際、電圧が低下しても予備の内部バッテリーに切り替わらず、人工呼吸器が停止した事例が全世界で30例、うち国内で1例発生した。海外では健康被害が1例発生しており、人工呼吸器の故障との因果関係について調査が進められている。

 改修対象は、「LTV1000」669台と「LTV950」226台。納入施設数は280施設で、うち在宅利用が120施設ある。納入先についてはパシフィックメディコがすべて把握している。なお、東京都と医薬品医療機器総合機構のホームページには、改修までの間に上記の問題が起きた場合の緊急対処法を掲載している。

 東京都のプレスリリースはこちら、医薬品医療機器情報提供ホームページの掲載情報はこちらで閲覧できる。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. レーシックの欠点補う近視矯正手術SMILE リポート◎第三の視力矯正手術の実力は? FBシェア数:255
  2. ドラマ「コード・ブルー」が始まったけど… 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:430
  3. 怒りのピーク「7秒間」を制する極意 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:35
  4. 「棒」摘出を巡る、一生忘れられないある体験 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:6
  5. 外勤で手を抜いてない? 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:15
  6. 医者だとバレたくない うさコメント! FBシェア数:17
  7. 日本病院会認定の「病院総合医」来春から養成 卒後6年以上の医師を対象、研修期間は原則2年 FBシェア数:90
  8. シャンプー、ゲル…頭部乾癬用薬の新剤形が続々 トレンド◎患者の利便性向上や副作用の軽減に期待 FBシェア数:67
  9. 職員が2グループに分裂、退職相次ぐ事態に 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:51
  10. やっぱり必要、診療情報提供書 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:46