2004.10.04

痴呆症医療の実態明らかに、約8割の開業医が痴呆症の診察経験を持つ

 約8割の開業医が痴呆症の診察経験を持つ−−。こんな痴呆症医療の実態の一端が明らかになった。鳥取大学医学部脳保健学科生体制御学の研究チームが調査したもので、9月30日、日本痴呆学会で発表した。

 研究チームは、現在65歳以上の10人に1人が痴呆症という実態を踏まえ、今後も増加することが見込まれ痴呆症に対して、医療の最前線である開業医がどのような対応をしているのかを明らかにした。

 調査では、鳥取県西部のかかりつけ医(開業医)200人を対象に、アンケート調査を実施。約60%の回答を得た。

 痴呆と思われる患者の有無を尋ねたところ、「あり」と回答したのは81%で大半の開業医が診療の経験があった。「ない」は19%。

 痴呆患者の年間受診数は、19人以下が大半だったが、月20人という回答も一部あった。

 診断面では「どのような患者を痴呆と考えるか」を尋ねているが、「物忘れを訴える」と回答したのが30%、「問題行動がある」が50%、「その他」が20%だった。また、関連で「痴呆症早期発見のための簡易スクリーニング機器があればよいと思うかどうか」を尋ねたところでは、78%の人が「はい」と回答した。

 診察の内容については、まず「痴呆患者をみつけた際に診察をするかどうか」を尋ねているが、「診察する」と回答した人が93%で、ほとんどすべての開業医が対応していた。

 さらに「(痴呆患者が)痴呆以外の病気(かぜ、肺炎など)で受診した際、加療するか」も尋ねたが、70%の開業医が「できるところまで治療する」と回答(複数回答)、かかりつけ医としての積極性がうかがえた。

 痴呆患者の受診経緯を尋ねた質問には、「自分で診察中に気づく」が37%、「家族からの依頼」が36%で拮抗していた。「院内のスタッフから」が12%、「他施設より紹介」が9%、「他科より紹介」が5%で続いた。

 なお、痴呆患者の家族からの相談を受けることがあるかどうかを尋ねたところでは、85%が「ある」と回答した。その一方で、49%と約半数の医師が家族への指導で困った経験があることも明らかになった。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「雪かきして、だるい」も危険なサイン Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:24
  2. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  3. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:92
  4. 穏やかな在宅死を望んでいたのに警察沙汰に 医師が知らない介護の話 FBシェア数:22
  5. 7対1と10対1を「急性期一般入院料」に再編 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:15
  6. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:498
  7. インフル検査「陰性」こそ要注意 Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:163
  8. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:35
  9. 上行から弓部大動脈置換術の技を学ぶ―その3 動画で学ぶ「神の手」テクニック FBシェア数:74
  10. 比較読影はなぜ重要なのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正