2004.10.01

【Pharma Business】 バイオファーマ時説:開発特化型ベンチャーを利用する製薬企業の思惑

 相次ぐ再編で規模を拡大した欧米製薬企業は、それによって拡充されたマーケティング力を生かすために、すぐにも売れる医薬品を外部から導入する志向を強めている。この結果、開発後期にある候補化合物は引っ張りだこになっている半面、早期段階の化合物にまで手が回らない状況にある。

 そこに目を付けて登場してきたのが、開発早期の化合物を安価に導入し、開発を進めて価値を高めた上で導出するというビジネスモデルのベンチャー企業。早期段階の化合物の受け皿になることに徹して、決して自ら医薬品の販売にまで乗り出そうとは考えていない。それどころか、一つの化合物だけを手掛けて、最後は製薬企業への身売りという形で投資を回収しようとしている企業も中にはある。言うなれば「候補化合物の一時預かり」である。(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:244
  2. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:482
  3. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 国際医療福祉大学医学部の志願者倍率は27.7倍 昨年開学した東北医科薬科大学を大幅に上回る人気 FBシェア数:422
  5. 「ネットは仕事に悪影響」と電カル未導入の病院 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:68
  6. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:558
  7. 超高層老人ホーム、救命はどうなる? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:311
  8. 意外と知らない看取りの手順 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:67
  9. 往診に行ったら仏壇をチェック!? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:152
  10. 1日で299人、悪夢のような銃創ラッシュ 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:114