2004.10.01

【Pharma Business】 バイオファーマ時説:開発特化型ベンチャーを利用する製薬企業の思惑

 相次ぐ再編で規模を拡大した欧米製薬企業は、それによって拡充されたマーケティング力を生かすために、すぐにも売れる医薬品を外部から導入する志向を強めている。この結果、開発後期にある候補化合物は引っ張りだこになっている半面、早期段階の化合物にまで手が回らない状況にある。

 そこに目を付けて登場してきたのが、開発早期の化合物を安価に導入し、開発を進めて価値を高めた上で導出するというビジネスモデルのベンチャー企業。早期段階の化合物の受け皿になることに徹して、決して自ら医薬品の販売にまで乗り出そうとは考えていない。それどころか、一つの化合物だけを手掛けて、最後は製薬企業への身売りという形で投資を回収しようとしている企業も中にはある。言うなれば「候補化合物の一時預かり」である。(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:8
  2. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:14
  3. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:100
  4. その消化管出血、本当に抗血栓薬が原因ですか? 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:146
  5. “不思議ちゃん”看護師が職場にいたら うさコメント! FBシェア数:0
  6. DAPT併用にはワルファリンよりNOACが安全 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:4
  7. すっぴん出勤の理由 病院珍百景 FBシェア数:1
  8. 娘のかかりつけ医選びで知った最近の小児科事情 記者の眼 FBシェア数:123
  9. 幼少期の愛情剥奪は長期的な悪影響を及ぼす Lancet誌から FBシェア数:99
  10. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急