2004.10.01

【Pharma Business】 バイオファーマ時説:開発特化型ベンチャーを利用する製薬企業の思惑

 相次ぐ再編で規模を拡大した欧米製薬企業は、それによって拡充されたマーケティング力を生かすために、すぐにも売れる医薬品を外部から導入する志向を強めている。この結果、開発後期にある候補化合物は引っ張りだこになっている半面、早期段階の化合物にまで手が回らない状況にある。

 そこに目を付けて登場してきたのが、開発早期の化合物を安価に導入し、開発を進めて価値を高めた上で導出するというビジネスモデルのベンチャー企業。早期段階の化合物の受け皿になることに徹して、決して自ら医薬品の販売にまで乗り出そうとは考えていない。それどころか、一つの化合物だけを手掛けて、最後は製薬企業への身売りという形で投資を回収しようとしている企業も中にはある。言うなれば「候補化合物の一時預かり」である。(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 非医師がタトゥーを彫るのは医師法違反か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:67
  2. 酒を飲んで仕事!? 待機中の飲酒はアリなのか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:188
  3. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:136
  4. 昭和大学病院の「働き方改革」は成功するか シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:425
  5. 三十六回の手術の末 安楽死を選んだフロイト 病と歴史への招待 FBシェア数:137
  6. STEMをねらえ! Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:18
  7. ここまで分かった! 2018診療報酬改定の中味 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:19
  8. 抗認知症薬の使用・選択の5つの考え方 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:81
  9. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:11
  10. インスリンポンプは胸の谷間に入れるもの!? 緒方さやかの「米国NPの診察日記」 FBシェア数:215