2004.10.01

米国製人工心肺用ポンプ、国内で手術中に停止でクラス1の自主回収開始

 東京都は9月30日、都内の医療用具輸入販売業者から、輸入した米国製の人工心肺用ポンプに不具合があり、自主回収を行う旨の報告があったと発表した。当該製品を使用して手術中、ポンプが停止するという事例が国内で発生したことが発端。手術自体は別のポンプを使用することで無事終了したが、調査の結果、ポンプ内のキャップが緩み、血液を循環させるローターが正常に回転しなかったことが判明した。原因は調査中だという。医薬品医療機器綜合機構の回収分類はクラス1(その製品の使用などが重篤な健康被害または死亡の原因になりえる状況)となる。

 不具合があったのは泉工医科貿易が輸入販売した米International Biophysics社製の「IBC フローポンプ」(滅菌遠心ポンプ)。同型の「IBC フローポンプ NS」(未滅菌遠心ポンプ)についても、不具合の発生はないものの、同一構造、同一材料を使用しているため、回収措置をとる。また、IBC フローポンプ NSを含む泉医科工業の「メラ人工心肺用回路」についても自主回収が行われる。納入施設はすべて把握されている。

 東京都のプレスリリースはこちら、医薬品医療機器綜合機構の医薬品医療機器情報提供ホームページはこちらで閲覧できる。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:324
  2. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1071
  3. 映画を通じて麻酔科医の仕事をより理解してほしい 医療マンガ・ドラマの裏話を教えます! FBシェア数:26
  4. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:448
  5. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:62
  6. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:36
  7. 新薬の「14日間ルール」見直し求める トレンド(DIオンライン) FBシェア数:82
  8. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:81
  9. BPSDには非薬物療法が最良の選択肢なのか? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:88
  10. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:94