2004.10.01

米国製人工心肺用ポンプ、国内で手術中に停止でクラス1の自主回収開始

 東京都は9月30日、都内の医療用具輸入販売業者から、輸入した米国製の人工心肺用ポンプに不具合があり、自主回収を行う旨の報告があったと発表した。当該製品を使用して手術中、ポンプが停止するという事例が国内で発生したことが発端。手術自体は別のポンプを使用することで無事終了したが、調査の結果、ポンプ内のキャップが緩み、血液を循環させるローターが正常に回転しなかったことが判明した。原因は調査中だという。医薬品医療機器綜合機構の回収分類はクラス1(その製品の使用などが重篤な健康被害または死亡の原因になりえる状況)となる。

 不具合があったのは泉工医科貿易が輸入販売した米International Biophysics社製の「IBC フローポンプ」(滅菌遠心ポンプ)。同型の「IBC フローポンプ NS」(未滅菌遠心ポンプ)についても、不具合の発生はないものの、同一構造、同一材料を使用しているため、回収措置をとる。また、IBC フローポンプ NSを含む泉医科工業の「メラ人工心肺用回路」についても自主回収が行われる。納入施設はすべて把握されている。

 東京都のプレスリリースはこちら、医薬品医療機器綜合機構の医薬品医療機器情報提供ホームページはこちらで閲覧できる。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. “根室の奇跡” 耐性肺炎球菌を減らせた秘策 事例研究◎抗菌薬を適切に使えば必ず地域社会を変えられる FBシェア数:177
  2. 59歳女性。めまい 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 医者だとバレたくない うさコメント! FBシェア数:10
  4. レーシックの欠点補う近視矯正手術SMILE リポート◎第三の視力矯正手術の実力は? FBシェア数:145
  5. 保険者の突合点検で発覚した検査料の誤請求 あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:34
  6. 塩野義製薬の新規抗インフルエンザ薬、第3相臨床試… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:250
  7. 俺はいたって元気なんだけどなあ〜 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:27
  8. 83歳男性。両下肢の脱力 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. 抗菌薬使用最適化にクリニカルパス見直しが効く 事例研究◎院内で活躍する感染制御部 FBシェア数:94
  10. 皮膚膿瘍は切開排膿後の抗菌薬で治癒率上昇 NEJM誌から FBシェア数:2