2004.09.30

第8回EBMセミナーが2005年1月に東京で開催

 EBM(Evidence-based Medicine;根拠に基づく医療)の普及を目的として1997年より毎年開催されているEBMセミナー(主催: 第8回EBMセミナー実行委員会、神田川ジャーナルクラブ)が、来年1月8日(土)から3日間の日程で、東京医科歯科大学(東京都文京区)で開かれる。対象は、EBMに関心のある医療従事者、医療系学生、ならびに医療消費者。第8回目となる今回は、EBMの実践に必要な基本的な知識やスキルを身に付けるための「プレセッション」と、EBMを実践するための生涯学習のあり方を考える「メインセッション」の2部構成。参加希望者は、11月1日(月)〜19日(金)の間にホームページ上で申し込みを受け付ける。

○日程:平成17年1月8日(土)〜1月10日(祝)
○会場:東京医科歯科大学(東京都文京区)
○募集人数:約100名
一般参加:約70名(EBMに関心を持ちはじめた方)
チューター:24名(1日目12:00〜13:00と3日目15:00〜16:00のチューターミーティングに参加することが必要です)
※各グループには2名のチューター(tutorとco-tutor)がつきます.
〇募集対象: 医療従事者、医療系学生、医療消費者の方でEBMに興味がある方
○参加費(予定):1万円(昼食代込み)、懇親会費5000円(懇親会は1月9日夜)
○申し込み期間:平成16年11月1日(月)〜平成16年11月19日(金)
ただし、定員になり次第締切(これ以前に申し込まれた場合、受け付けできません)。詳しくはホームページ参照
○主催: 神田川ジャーナルクラブ(K-JC)
○共催:愛知県臨床疫学研究会、EBM-Tokyo、ebh研究会、pES club、東京医科歯科大学医学部総合診療部
○問合せ先:
事務局:神田川ジャーナルクラブ(日野村) ebm8tyo@abox.so-net.ne.jp
※共催団体であるEBM-Tokyoでは、12月12日(日)にチュータートレーニングを目的としたワークショップの開催を予定している。詳細はEBM-Tokyoホームページを参照のこと。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:128
  2. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  3. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 意外と難しい運動誘発性喘息の診断 あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:35
  5. 卵アレルギーは「微量のゆで卵」で防ぐ リポート◎学会が提言、アトピー乳児は早期から卵摂取を FBシェア数:136
  6. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  7. 外国人診療で増えつつある「母国の親戚」問題 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:27
  8. 鳥インフルエンザ(H7N9)のヒト化が進む 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《4》 FBシェア数:6
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:1
  10. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:466