2004.09.29

開設進む個室・ユニットケアタイプの新型特養、運営に難しさも

 個室・ユニットケアタイプの新型特養の開設が進んでいる(詳細は「日経ヘルスケア21」10月号39ページの特集記事参照)。NPO(特定非営利活動法人)「特養ホームを良くする市民の会」の調べによると、新型特養の施設数は2003年9月の時点で100だったが、2005年3月には400を超える見込みだ。

 個室・ユニットケアは、従来の4人部屋中心の集団ケアを改め、全室を個室化。10人程度の入所者を1グループとして専属の介護職員がきめ細かいケアを実施する。

 当初、個室・ユニットケアは施設ケアの理想像との声もあったが、実際の運営には難しさもある。まず集団ケアと異なり、個別ケアになるため人手がかかる。新型特養における看護・介護職員の人員配置は3:1が最低基準だ。しかし、実際に運営している施設ではケアの質を維持するため、2:1前後のところが多い。

 また、新型特養では、入所者からホテルコスト(居住費)を徴収することになった。しかし、入所者がホテルコストの支払いを敬遠して、入所者集めに苦戦する施設も出てきており、先行きは楽観できない状況だ。
(久保俊介、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「金がないから検査はしたくない」への応え方 シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:141
  2. さよならNEJM、そしてさよならFDA 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:4
  3. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:128
  4. 「どう逝きたいか」がリアルに伝わる文書を施設間で… ケーススタディー◎春日井市民病院「ACP相談員」 FBシェア数:27
  5. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:80
  6. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  7. 先輩たちが新人を退職に追い込んだ意外な理由 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:0
  8. 70歳男性。左下腹部痛、血便 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:131
  10. アドバンス・ケア・プランニングはどう進める? インタビュー◎意思決定支援なしでは治療できない時代に FBシェア数:16