2004.09.29

開設進む個室・ユニットケアタイプの新型特養、運営に難しさも

 個室・ユニットケアタイプの新型特養の開設が進んでいる(詳細は「日経ヘルスケア21」10月号39ページの特集記事参照)。NPO(特定非営利活動法人)「特養ホームを良くする市民の会」の調べによると、新型特養の施設数は2003年9月の時点で100だったが、2005年3月には400を超える見込みだ。

 個室・ユニットケアは、従来の4人部屋中心の集団ケアを改め、全室を個室化。10人程度の入所者を1グループとして専属の介護職員がきめ細かいケアを実施する。

 当初、個室・ユニットケアは施設ケアの理想像との声もあったが、実際の運営には難しさもある。まず集団ケアと異なり、個別ケアになるため人手がかかる。新型特養における看護・介護職員の人員配置は3:1が最低基準だ。しかし、実際に運営している施設ではケアの質を維持するため、2:1前後のところが多い。

 また、新型特養では、入所者からホテルコスト(居住費)を徴収することになった。しかし、入所者がホテルコストの支払いを敬遠して、入所者集めに苦戦する施設も出てきており、先行きは楽観できない状況だ。
(久保俊介、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  2. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  4. 腰椎手術後に低酸素脳症、麻酔医らの過失認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:431
  6. なくならないアカハラ、学外機関設置で予防を 記者の眼 FBシェア数:28
  7. これからは早期からの在宅ケアの時代? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:72
  8. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:132
  9. オーソライズド・ジェネリックへの釈然としない思い… 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:45
  10. 逆流性食道炎のリスク因子に男女差あり 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2