2004.09.29

日本BD、患者に負担かけず装置も不要のピロリ菌迅速検査キットを発売

 日本ベクトン・ディッキンソンは、糞便中のピロリ抗原を約10分で検出できる非侵襲型の迅速検査キット「テストメイト ラピッド ピロリ抗原」を9月29日に発売した。

 検査キットは反応シートと採便容器付きの検体希釈液で構成されている。イムノクロマト法を採用、便中のピロリ菌抗原を直接検出する。操作は、反応シートの試料滴下部に検体を1滴落とすだけでよく、約10分後に目視で判定できる。特別な検査装置は不要なので、小規模な医療機関や健診会場などでも容易に使うことができる。

 価格は反応シートが20テスト用で2万8000円、採便容器付きの検体希釈液が20本入りで3000円。ピロリ菌除菌治療前、治療後の感染診断について検査実施料の保険点数として、1回の検査につき、糞便中ヘリコバクター・ピロリ抗原の免疫学的検査160点、免疫学的判断料144点を算定できる。

 日本ベクトン・ディッキンソンのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. かかりつけ医の普及に本腰、でも1人開業医は… 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《5》 FBシェア数:2
  2. 手術で体重3割減、合併する糖尿病も高率で寛解 トレンド◎肥満外科治療が日本でも普及の兆し FBシェア数:204
  3. 疼痛治療薬が効果なし…メンタルと思いきや 「こじらせ疼痛」にどう向き合う FBシェア数:0
  4. メジャー疾患のガイドライン改訂が目白押し 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:0
  5. 腎機能を確認せずに造影CTを行うのは罪? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:134
  6. N95マスクは何度まで使えるのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:0
  7. 悩ましい新・看護必要度、先進病院の対策は? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  8. 7対1看護から降りる病院、現場から反発も 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《2》 FBシェア数:151
  9. 小児急性中耳炎診療にある小児科と耳鼻咽喉科のギャ… 学会トピック◎第13回日本小児耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 FBシェア数:10
  10. 眼科専攻医登録数、愛知県の人数はなぜ突然変わった… ニュース追跡◎専門医機構の内部資料から見えてきたこと FBシェア数:47
医師と医学研究者におすすめの英文校正