2004.09.29

日本BD、患者に負担かけず装置も不要のピロリ菌迅速検査キットを発売

 日本ベクトン・ディッキンソンは、糞便中のピロリ抗原を約10分で検出できる非侵襲型の迅速検査キット「テストメイト ラピッド ピロリ抗原」を9月29日に発売した。

 検査キットは反応シートと採便容器付きの検体希釈液で構成されている。イムノクロマト法を採用、便中のピロリ菌抗原を直接検出する。操作は、反応シートの試料滴下部に検体を1滴落とすだけでよく、約10分後に目視で判定できる。特別な検査装置は不要なので、小規模な医療機関や健診会場などでも容易に使うことができる。

 価格は反応シートが20テスト用で2万8000円、採便容器付きの検体希釈液が20本入りで3000円。ピロリ菌除菌治療前、治療後の感染診断について検査実施料の保険点数として、1回の検査につき、糞便中ヘリコバクター・ピロリ抗原の免疫学的検査160点、免疫学的判断料144点を算定できる。

 日本ベクトン・ディッキンソンのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:8
  2. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:14
  3. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:100
  4. その消化管出血、本当に抗血栓薬が原因ですか? 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:146
  5. “不思議ちゃん”看護師が職場にいたら うさコメント! FBシェア数:0
  6. DAPT併用にはワルファリンよりNOACが安全 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:4
  7. すっぴん出勤の理由 病院珍百景 FBシェア数:1
  8. 娘のかかりつけ医選びで知った最近の小児科事情 記者の眼 FBシェア数:123
  9. 幼少期の愛情剥奪は長期的な悪影響を及ぼす Lancet誌から FBシェア数:99
  10. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急