2004.09.29

FDAが長時間効果の持続するオピオイド鎮痛薬を承認

 米国食品医薬品局(FDA)は9月24日、長時間効果の持続するオピオイド鎮痛薬、「Palladone」(成分名:ヒドロモルホン塩酸塩)を承認した。既にオピオイド鎮痛薬を1日中必要とし、現在の投与量が1日12mg以上の人が投与の対象となる。

 Palladone の有効成分であるヒドロモルホンは、乱用リスクなどが高いと考えられるため、FDAはその処方にあたり最も厳しい規制を行っている。

 Palladoneについても承認にあたり、製造元と共同で、1.不適切な投与量や適応、不適切な患者選択、2.子供による誤飲、3.乱用や流用−−に関するリスク管理プログラムを作成したとしている。

 Palladone の製造元は、Purdue Pharma社(コネティカット州Stamford)。詳しくは、FDAのニュース・リリースまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:3
  2. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  3. 胃穿孔でショック死、開腹の決断の遅れを認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:3
  4. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:141
  5. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:95
  6. バリウム検診で「要精検」と言われる患者 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:54
  7. 初めてのレセ請求、期限間際に思わぬ問題が発覚 開業の落とし穴 FBシェア数:3
  8. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:100
  9. 米国の人工膝関節全置換術は適応を見直すべき BMJ誌から FBシェア数:66
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:13