2004.09.29

タイでトリインフルエンザのヒト−ヒト感染の疑い、WHOが発表

 世界保健機関(WHO)は9月28日、タイでトリインフルエンザウイルス(H5N1)のヒト−ヒト感染の疑い例が発生していることを確認した。女児から母親へのH5N1感染の疑い例が発生した可能性について、ここ数日、通信社による報道が伝えられているが、タイ公衆衛生省が27日、公式に確認した。

 感染したと見られるのは11歳の女児とその母親で26歳の女性、母親の姉に当たる32歳の女性とその6歳の息子の計4人。このうち11歳の女児が最初に発症し、肺炎症状を呈して9月8日に死亡した。この女児はタイ北部のKamphaeng Phet県に母親の姉と住んでいた。女児の母親は首都バンコクに住んでいたが、女児の発症・入院後、死亡時まで看病した。この母親は9月20日に死亡した。32歳の母親の姉は現時点で入院中だが症状は安定しており、6歳の息子は入院したが回復しつつある。

 検査の結果、26歳の母親と32歳のその姉の2人はH5N1感染が確認された。6歳の男児については検査が進められている。しかし、初発と見られる女児については検体が得られておらず、感染は最終的には確認されていない。

 11歳の女児と32歳の伯母は死亡した鶏に接触したことが確認されているが、26歳の母親は鶏に触れた形跡がなく、当局は何らかの環境からの感染と、看護した女児からのヒト−ヒト感染の両方の可能性を指摘している。

 現在、医療関係者や地域住民に対する大規模な疫学的調査が進められているが現在までのところ、この一家以外の感染は確認されていない。WHOの国際インフルエンザサーベイランスネットワークでは、臨床検体を持ち帰り、H5N1ウイルスがヒト−ヒト感染性を獲得したかどうか、遺伝子レベルの確認を進めている。

 WHOのプレスリリースはこちらで閲覧できる。(中沢真也)


■ 参考図書 ■

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 小児喘息へのツロブテロール貼付剤は2週間まで 解説◎5年ぶり改訂の小児喘息ガイドライン、どこが変わった? FBシェア数:31
  2. 2040年に増える科、減る科 医師1000人に聞きました FBシェア数:9
  3. 臨床研究の「厳格化」にどう立ち向かうか ニュースウォッチャー井上雅博の「世相を斬る」 FBシェア数:21
  4. 大学病院の医師には専門業務型裁量労働制を シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:107
  5. 順調に進んでいた承継話が破談になったわけ その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:0
  6. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:668
  7. 「ママのお腹の中に戻って女の子に生まれ直したい」… 緒方さやかの「米国NPの診察日記」 FBシェア数:6
  8. 仕事が遅い新人看護師、時間外労働の限度は? ナースのためのアモーレ労働相談 FBシェア数:14
  9. 「転んだ後に腰が痛い」を映像化して見えたもの 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:3
  10. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:257
医師と医学研究者におすすめの英文校正