2004.09.28

飲み忘れが多い患者に処方されたCa拮抗剤

 日経ドラッグインフォメーション9月号から、「処方せんを読む」を紹介します。お試しください。

_________________「?」___

 高血圧のために2年ほど前から降圧剤を服用している42歳の男性Wさんが薬局を訪れました。薬が変わっていたため確認すると、Wさんは次のような質問をしました。

 会社の健康診断でコレステロールが高いと言われたので、かかりつけの診療所でもう一度検査したらコレステロールは少し高い程度なので、食事療法で様子をみるということでした。ただ、出張が多くて薬を飲み忘れることが多いためか、血圧が安定しないので、薬が変更になりました。先生は、今度の薬は私のような人にぴったりだと言っていましたが、どのような意味なのでしょうか。

■処方せん
(1) アムロジン錠5 1T
  1日1回 朝食後 14日分
*前回までは、カルスロット錠10が1日1錠、朝食後服用で処方されていた。


Q カルスロット(一般名:塩酸マニジピン)がアムロジン(一般名:ベシル酸アムロジピン)に変更になったのは、どのような理由からだと考えられるか。

 答えは本誌2004年9月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:128
  2. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  3. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 意外と難しい運動誘発性喘息の診断 あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:35
  5. 卵アレルギーは「微量のゆで卵」で防ぐ リポート◎学会が提言、アトピー乳児は早期から卵摂取を FBシェア数:136
  6. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  7. 外国人診療で増えつつある「母国の親戚」問題 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:27
  8. 鳥インフルエンザ(H7N9)のヒト化が進む 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《4》 FBシェア数:6
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:1
  10. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:466