2004.09.28

飲み忘れが多い患者に処方されたCa拮抗剤

 日経ドラッグインフォメーション9月号から、「処方せんを読む」を紹介します。お試しください。

_________________「?」___

 高血圧のために2年ほど前から降圧剤を服用している42歳の男性Wさんが薬局を訪れました。薬が変わっていたため確認すると、Wさんは次のような質問をしました。

 会社の健康診断でコレステロールが高いと言われたので、かかりつけの診療所でもう一度検査したらコレステロールは少し高い程度なので、食事療法で様子をみるということでした。ただ、出張が多くて薬を飲み忘れることが多いためか、血圧が安定しないので、薬が変更になりました。先生は、今度の薬は私のような人にぴったりだと言っていましたが、どのような意味なのでしょうか。

■処方せん
(1) アムロジン錠5 1T
  1日1回 朝食後 14日分
*前回までは、カルスロット錠10が1日1錠、朝食後服用で処方されていた。


Q カルスロット(一般名:塩酸マニジピン)がアムロジン(一般名:ベシル酸アムロジピン)に変更になったのは、どのような理由からだと考えられるか。

 答えは本誌2004年9月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 30代男性職員の母親から届いた理不尽な苦情 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:29
  2. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:444
  3. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:5
  4. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:259
  5. 新設の国際医療福祉大医学部の人気は? リポート◎2017大学入試シーズンがスタート FBシェア数:9
  6. WELQと日経メディカルはどこが違うのか 記者の眼 FBシェア数:3
  7. 若手も半数は「ほとんどバイトせず」 Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  8. 「医療のことに口出しするな」怒られたケアマネ 医師が知らない介護の話 FBシェア数:481
  9. 肺癌診療ガイドライン改訂で議論が紛糾した3つのポ… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:106
  10. 同日入院の2人 DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:13