2004.09.28

飲み忘れが多い患者に処方されたCa拮抗剤

 日経ドラッグインフォメーション9月号から、「処方せんを読む」を紹介します。お試しください。

_________________「?」___

 高血圧のために2年ほど前から降圧剤を服用している42歳の男性Wさんが薬局を訪れました。薬が変わっていたため確認すると、Wさんは次のような質問をしました。

 会社の健康診断でコレステロールが高いと言われたので、かかりつけの診療所でもう一度検査したらコレステロールは少し高い程度なので、食事療法で様子をみるということでした。ただ、出張が多くて薬を飲み忘れることが多いためか、血圧が安定しないので、薬が変更になりました。先生は、今度の薬は私のような人にぴったりだと言っていましたが、どのような意味なのでしょうか。

■処方せん
(1) アムロジン錠5 1T
  1日1回 朝食後 14日分
*前回までは、カルスロット錠10が1日1錠、朝食後服用で処方されていた。


Q カルスロット(一般名:塩酸マニジピン)がアムロジン(一般名:ベシル酸アムロジピン)に変更になったのは、どのような理由からだと考えられるか。

 答えは本誌2004年9月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師国家試験を解答するAIの正体教えます トレンド◎人工知能が医療現場にやってくる FBシェア数:129
  2. その開業話、本当に進めても大丈夫ですか? その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:19
  3. 清掃中に生じた精巣痛の原因は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:32
  4. 「教えるプロ」に学ぶ、下部消化管内視鏡検査 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:2
  5. 脳梗塞に対するt-PA投与をiPhone使って判… トレンド◎日本初の保険適用アプリ「Join」、入院日数・医療費減にも効果 FBシェア数:348
  6. 向精神薬になったデパス、処方はどうする? トレンド◎ベンゾジアゼピン系薬の安易な処方に警鐘 FBシェア数:1300
  7. 燃え尽きる前に、やるべきことは1つ! 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:201
  9. デパス向精神薬指定の根拠とは Interview FBシェア数:148
  10. 天才は、扱う人間を格付けする意味で罪作り!? 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:0