2004.09.28

飲み忘れが多い患者に処方されたCa拮抗剤

 日経ドラッグインフォメーション9月号から、「処方せんを読む」を紹介します。お試しください。

_________________「?」___

 高血圧のために2年ほど前から降圧剤を服用している42歳の男性Wさんが薬局を訪れました。薬が変わっていたため確認すると、Wさんは次のような質問をしました。

 会社の健康診断でコレステロールが高いと言われたので、かかりつけの診療所でもう一度検査したらコレステロールは少し高い程度なので、食事療法で様子をみるということでした。ただ、出張が多くて薬を飲み忘れることが多いためか、血圧が安定しないので、薬が変更になりました。先生は、今度の薬は私のような人にぴったりだと言っていましたが、どのような意味なのでしょうか。

■処方せん
(1) アムロジン錠5 1T
  1日1回 朝食後 14日分
*前回までは、カルスロット錠10が1日1錠、朝食後服用で処方されていた。


Q カルスロット(一般名:塩酸マニジピン)がアムロジン(一般名:ベシル酸アムロジピン)に変更になったのは、どのような理由からだと考えられるか。

 答えは本誌2004年9月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、市中病院人気が再び加速 【2017年度】フルマッチ校は11校、東京医科歯科大は5年連続 FBシェア数:211
  2. ベルソムラは就寝前に飲んじゃダメ!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:109
  3. 国内初の『慢性便秘症診療GL』の特徴は? 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:107
  4. ベンゾジアゼピンの処方は市中肺炎のリスク Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:140
  5. 「病院⇒介護医療院」の転換、10万床規模にも 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:57
  6. 「医療訴訟がとにかく怖いんです!」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:19
  7. 外科医は短気だから短期トレードで損を出す? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:0
  8. 高齢でもピロリ除菌を行うべきもう1つの理由 リポート◎ピロリ除菌の目的は胃癌発症抑制と潰瘍予防だけじゃない! FBシェア数:48
  9. 動脈硬化は朝食をとらない人に多い J Am Coll Cardiol誌から FBシェア数:168
  10. キャラクターで抗菌薬を覚える!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:67