2004.09.27

医師1万5000人に聞いた『全国優良病院ランキング』、都道府県別のナンバーワン病院はどこか

 日経メディカルでは10月4日、医師1万5000人に聞いた 『全国優良病院ランキング』を発行する。これは、日経メディカルの全国の開業医読者1万5221人を対象に、胃ガン、心臓や脳血管の疾患など、病院選びに慎重にならざるを得ない計12疾患について、「専門的な検査や治療が必要になったとき、安心・信頼して患者を紹介できる病院」を調査した結果をまとめたものだ。

 12疾患について、複数の開業医から推薦された病院を、47都道府県別にランキングしたほか、特に信頼して紹介できるとして推薦された医師を「腕利き医師」として紹介した(お申し込みはこちらまで)。

都道府県別のナンバーワン病院はどこか?

 今回の調査では、47都道府県から計3465人もの回答が寄せられた。その結果を基に、12疾患の合計得票数が一番多かった病院、言い換えれば高い総合力を誇る「ナンバーワン病院」がどこであるかも分析した。

 その結果が、下記の表だ。その顔ぶれをみると、計50病院(神奈川、新潟、香川は同票が2病院)のうち、大学病院は17病院と意外に少なく、県立・市立病院や日赤の病院など、公立・公的病院がその大半を占めた。

 また、疾患別の得票数をみると、「ガン関連の得票数は多いが、それ以外の領域では低調」など、「ナンバーワン病院」でも当然ながら得意・不得意分野があることが分かる。さらに、100床前後の小規模でも「○○循環器病院」など特定の分野に専門特化し、その強さを発揮している病院が上位に食い込んだ。

開業医は“病院選びのプロ”

 最近は、“病院ランキングブーム”。これまで行われた病院ランキングは、(1)手術数など病院の治療実績を基にしたもの、(2)患者へのアンケート調査によるもの、(3)サービスや安全管理の体制など病院の運営体制を評価したもの−−などに分類できる。

 これに対して、今回実施したのは、開業医の推薦に基づいたランキング。開業医の元には、風邪から手術が必要な患者に至るまで、実に様々な患者が訪れる。ただし、開業医が一人でできる医療には限界があるため、専門的な検査や治療が必要になったとき、あるいは入院が必要なときには、専門医がいて、設備が整った病院に紹介することになる。

 「この病気なら、あそこの病院が得意」「あの先生に詳しく調べてもらおう」などと判断して、患者を的確に紹介することが、開業医の重要な役割となる。つまり、開業医は、体や心の様々な悩みを抱える患者の“水先案内人”ということもできる。こうした“病院選びのプロ”の目で作成したのが『全国優良病院ランキン』だ。
(橋本佳子、日経メディカル)  

※10月2日に「東京都ベスト10」「大阪府ベスト10」を掲載します。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  2. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:530
  3. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:253
  4. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:252
  5. インフルエンザ脳症で30代患者死亡、今季2例目 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:303
  6. 「2025年」大予測! 医療改革は成功?失敗? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:2
  7. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:151
  8. 7対1と10対1を「急性期一般入院料」に再編 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:39
  9. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:194
  10. 他界した弟に導かれて医師の道へ 人物ルポ■奄美群島の産婦人科医療に挑む小田切幸平氏 FBシェア数:154
医師と医学研究者におすすめの英文校正