2004.09.27

イヌは尿の臭いで膀胱癌患者をかぎ分けられる、検証実験で示唆

 1989年、飼い犬が主人の皮膚の病変部に異常な関心を示したことをきっかけにメラノーマが見つかった、という報告がLancet誌に掲載された。その後も、イヌには癌患者をかぎ分ける能力があることを示唆する逸話風のレターが同誌にいくつか投稿された。確かに、癌患者の汗や呼気には、癌細胞から発せられた揮発性の物質が含まれる可能性はある。そこで英国の研究者らは、イヌを訓練すれば、膀胱癌患者をかぎ分けられるようになるかもしれないと考えた。実験の詳細は、British Medical Journal誌9月23日号に報告された。

 膀胱癌を選んだ理由は、癌細胞が分泌した物質は尿に入ると予想されるからだ。訓練は普通のイヌ6匹を対象に7カ月間行われた。36人の患者と、対照群となる、他の病気の患者または健康な人108人の尿の匂いをかぎ、患者の尿の横で腹這いになるよう指示された。

 最終的な試験は、7検体のうち1つのみが患者由来という条件で行われた。もし、イヌに特別の能力がないなら、患者の尿を選ぶ確率は7分の1(14%)になるはずだ。が、実際には計54回中22回の成功というものだった(確率41%)。

 多変量解析の結果は、癌特有の臭いを認識する能力は、尿検査で明らかになる科学的数値とは無関係であることを示唆した。また、乾燥尿を使って訓練し試験されたイヌの成功率は22%、新鮮な尿が用いられたイヌの成功率は50%だったことから、癌細胞由来の物質は揮発性と考えられた。

 筆者らは、この研究の目的は、イヌの能力の臨床的有用性の評価ではなく、あくまでも、イヌが尿の臭いで膀胱癌患者をかぎ分けられるかどうかの検証にあるという。

 論文のタイトルは、「Olfactory detection of human bladder cancer by dogs:proof of principle study」、現在全文がこちら(PDFファイル)で閲覧できる。(大西淳子、医学ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:261
  2. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1
  4. 医師需給の議論の進め方は「異常かつ非礼」 社会保障審議会医療部会で厚労省の議論の進め方に批判が噴出 FBシェア数:1
  5. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:4
  6. 新種カンジダによる侵襲性感染の世界的発生をCDC… トレンド◎3系統の抗真菌薬に耐性化した「C. auris」 FBシェア数:123
  7. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:118
  8. 療養病床のあり方に関する議論の整理案まとまる シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:1
  9. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:87
  10. 教授の真似事をしてみたが…… 薬局経営者奮戦記〜社長はつらいよ FBシェア数:14