2004.09.27

【Pharma Business】 アナリストの眼:海外投資家の日本企業への評価は相対的に改善

 大和総研では年4回、海外投資家を定期的に訪問しており、今年も7月に欧州の、また9月には北米の機関投資家を訪ねてミーティングの機会を持った。訪問先の数は限らているものの、その中にはヘッジファンドから大手グローバル・ヘルスケアファンドまで幅広い投資家層を含む。今回は、そこで見聞きした、海外投資家の日本の医薬品業界に対する最新の見方、意見を紹介したい。

 最近は、日本の製薬企業に対する厳しい声は、以前よりも減ってきているように感じる。日本の製薬企業の評価が高まったというわけではないが、欧米の製薬企業に対する期待感が若干低下しているため、結果として日本企業の相対的な評価が多少改善している、という印象である(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:737
  3. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:13
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  5. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:57
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  7. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:106
  8. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:513
  9. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161
  10. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:130