2004.09.27

【Pharma Business】 Pharmaceutical Executive:急成長する小児薬市場(下)

 近年の技術革新で、小児薬にも応用できる新たな経口投与法の開発が進んでいる。その代表例には、味のマスキング技術やチュアブル錠剤、徐放剤などが挙げられる。香料や甘味料の添加、コーティングという薬の味へのマスキングは、昔からある基本的な技術である。これらをさらに進めて、最近では薬の味を消し去る技術が開発されている。その一つが、補形剤として発売されているイオン交換樹脂だ。樹脂の中に薬を溶かし込むため、薬の味がしない仕組みになっている。

 もう一つの手法に、口内での薬の溶解速度を遅らせる技術がある。薬効成分の水素イオン濃度を変えて溶解性を抑える、あるいは薬効成分をマイクロカプセルの粒子に封じるといった手法である(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 超高層老人ホーム、救命はどうなる? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:171
  2. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 繰り返す難治性めまいでは「首」を疑え リポート◎現代のライフスタイルで発症しやすい頸性めまい FBシェア数:516
  4. 「25分」のカンファレンス準備時間が「0分」に リポート◎京大病院が進めるICT業務効率化(2) FBシェア数:143
  5. COPD患者が骨粗鬆症を発症しやすい理由 トレンド◎COPDがII期になるとき骨密度が同時に低下 FBシェア数:140
  6. 「こんな自分でも4月から救急医になれますか」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. アルブミンはギラン・バレー症候群の予測因子 JAMA Neurology誌から FBシェア数:130
  8. 「検査で異常がないので、帰していいですよね」 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:159
  9. 透明化迫られる病医院の関連法人、取引実態が閲覧可… 記者リポート FBシェア数:45
  10. 「型」から入れ! 疼痛への病歴聴取が基本の型 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:124