2004.09.27

【Pharma Business】 Pharmaceutical Executive:急成長する小児薬市場(下)

 近年の技術革新で、小児薬にも応用できる新たな経口投与法の開発が進んでいる。その代表例には、味のマスキング技術やチュアブル錠剤、徐放剤などが挙げられる。香料や甘味料の添加、コーティングという薬の味へのマスキングは、昔からある基本的な技術である。これらをさらに進めて、最近では薬の味を消し去る技術が開発されている。その一つが、補形剤として発売されているイオン交換樹脂だ。樹脂の中に薬を溶かし込むため、薬の味がしない仕組みになっている。

 もう一つの手法に、口内での薬の溶解速度を遅らせる技術がある。薬効成分の水素イオン濃度を変えて溶解性を抑える、あるいは薬効成分をマイクロカプセルの粒子に封じるといった手法である(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256