2004.09.27

マヨネーズでトリインフルエンザ感染の心配なし、キューピーが報告

 マヨネーズは卵を原料としているだけに、トリインフルエンザが発生した時には不安を感じる人がいても不思議はない。しかし、何らかの原因でマヨネーズにトリインフルエンザウイルスが混入したとしても、H5型インフルエンザウイルスは30分以内に不活化することがキューピーの研究で分かった。

 マヨネーズ製造時には、食品衛生法上の卵黄食品の殺菌に必要な61度、3.5分間以上(または同等以上の効力を持つ方法)で加熱殺菌が実施されているH5型、H7型は55度に到達した時点、H9型も55度2分間の加熱で不活化する。仮に原料の卵黄がトリインフルエンザウイルスに汚染していたとしても、この操作で感染性はなくなってしまう。

 では、加熱後の製品にウイルスが混入した場合はどうか。キューピーの研究によれば、マヨネーズ内にトリインフルエンザウイルスが混入しても、H5型ウイルスは30分以内、H7型とH9型ウイルスは10分以内に不活化し、感染性を失ってしまうという。

 その理由として同社は、トリインフルエンザウイルスは酸性になると不活化する性質があり、マヨネーズ中の食酢によって不活化し、感染性を失ったと考えられることと、マヨネーズ中に存在する乳化された植物油がウイルスのエンベロープ(外殻)を破壊し、不活化した可能性の2点を指摘している。

 キューピーはこの研究成果を9月28日、29日に東京で開催される日本食品微生物学会学術総会初日に報告するとしている。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:585
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:480
  3. 原発性アルドステロン症の重症例を見逃すな トレンド◎診断のボトルネックを解消する新たな基準が決定 FBシェア数:200
  4. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:185
  5. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:459
  6. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  7. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:34
  8. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:211
  10. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:22