2004.09.24

深部静脈血栓症の診断、D-ダイマー測定と疾病確率の推定を組み合わせれば超音波検査の必要性は低くなる

 米国の研究者たちが、深部静脈血栓症(DVT)の診断に、D-ダイマー測定法と臨床的な疾病確率の推定を組合わせて用いた臨床試験の系統的レビューを行い、これらの併用により、DVTではない患者を安全かつ有効に見分けることができると結論付けた。詳細はBritish Medical Journal電子版に9月21日に報告された。

 DVTの診断は難しい。この病気が疑われる外来患者の75%が、実際はDVTではないという。そこで、多くの医師が当初から血管超音波画像診断を行っている。しかし、コストと手間を減らし、より正確に診断するためには、シンプルだが陰性的中率が高い検査を併用し、DVTでない患者を最初に見分けることが大切だ。こうした目的で測定されるD-ダイマー値は、急性のDVTで上昇する。また、疾病確率ツールとしては、Wells氏らが作製した臨床診断の評価基準が有名だ。

 研究者らが文献データベースから厳選した12件の臨床試験では、明確な基準に基づいて疾病確率を「低」「中」「高」に分類し、また、D-ダイマー検査を実施していた。全ての患者に3カ月以上の追跡が行われた。結果を総合すると、感度がさほど高くない「SimpliRED」法でD-ダイマー値が正常、かつ疾病確率が「低」だった患者の3カ月以内の静脈血栓塞栓症発症率は0.5%、高感度の検査法を用いた場合には、D-ダイマー値は正常で疾病確率が「低」および「中」の患者の塞栓症発症率は0.4%だった。

 従って、これら条件に該当する患者は、安全かつ有効にDVTを否定でき、超
音波検査を省略できると研究者らは述べている。

 論文のタイトルは「Combined use of rapid d-dimer testing and estimation of clinical probability in the diagnosis of deep vein thrombosis: systematic review」、現在全文がこちら(PDFファイル)で閲覧できる。(大西淳子、医学ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 小児喘息へのツロブテロール貼付剤は2週間まで 解説◎5年ぶり改訂の小児喘息ガイドライン、どこが変わった? FBシェア数:31
  2. 2040年に増える科、減る科 医師1000人に聞きました FBシェア数:9
  3. 臨床研究の「厳格化」にどう立ち向かうか ニュースウォッチャー井上雅博の「世相を斬る」 FBシェア数:21
  4. 大学病院の医師には専門業務型裁量労働制を シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:107
  5. 順調に進んでいた承継話が破談になったわけ その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:0
  6. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:668
  7. 「ママのお腹の中に戻って女の子に生まれ直したい」… 緒方さやかの「米国NPの診察日記」 FBシェア数:6
  8. 仕事が遅い新人看護師、時間外労働の限度は? ナースのためのアモーレ労働相談 FBシェア数:14
  9. 「転んだ後に腰が痛い」を映像化して見えたもの 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:3
  10. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:257
医師と医学研究者におすすめの英文校正