2004.09.24

米国厚生省が鳥インフルエンザのワクチン200万用量発注、米国での流行に備えて

 米国厚生省(HHS)は9月21日、米国での流行に備え、高病原性トリインフルエンザウイルス(H5N1)のワクチンを、200万用量発注した。同ワクチンは、今年タイとベトナムで患者が発生し、29人が死亡したH5N1と同じ型。今後米国内でH5N1が流行した際には、同ワクチンを、医療従事者や検査技師を始め、必要であれば一般の人にも用いるとしている。

 HHSが今回ワクチンを発注した先は、Aventis Pasteur社(ペンシルベニア州Swiftwater)で、費用は約1300万ドルという。

 CDC(米国疾病対策センター)によると、米国では毎年、約20万人がインフルエンザが原因で入院し、また約3万6000人が、インフルエンザまたはその合併症で死亡するとしている。詳しくは、HHSのニュース・リリースまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

■ 参考図書 ■

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:3
  2. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  3. 胃穿孔でショック死、開腹の決断の遅れを認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:3
  4. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:141
  5. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:95
  6. バリウム検診で「要精検」と言われる患者 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:54
  7. 初めてのレセ請求、期限間際に思わぬ問題が発覚 開業の落とし穴 FBシェア数:3
  8. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:100
  9. 米国の人工膝関節全置換術は適応を見直すべき BMJ誌から FBシェア数:66
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:13