2004.09.24

米国厚生省が鳥インフルエンザのワクチン200万用量発注、米国での流行に備えて

 米国厚生省(HHS)は9月21日、米国での流行に備え、高病原性トリインフルエンザウイルス(H5N1)のワクチンを、200万用量発注した。同ワクチンは、今年タイとベトナムで患者が発生し、29人が死亡したH5N1と同じ型。今後米国内でH5N1が流行した際には、同ワクチンを、医療従事者や検査技師を始め、必要であれば一般の人にも用いるとしている。

 HHSが今回ワクチンを発注した先は、Aventis Pasteur社(ペンシルベニア州Swiftwater)で、費用は約1300万ドルという。

 CDC(米国疾病対策センター)によると、米国では毎年、約20万人がインフルエンザが原因で入院し、また約3万6000人が、インフルエンザまたはその合併症で死亡するとしている。詳しくは、HHSのニュース・リリースまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

■ 参考図書 ■

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:294
  2. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:13
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:257
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:4
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:39
  8. 安定狭心症へのPCI、症状改善に有意差認めず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:0
  9. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  10. インフルエンザウイルスの抗原変異は予測可能 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《Interview》 FBシェア数:3