2004.09.24

ブリストル製薬、第4世代セフェムで発熱性好中球減少症の適応追加承認を取得

 ブリストル製薬は、第4世代セフェム系抗生剤「注射用マキシビーム0.5g、同1g」(一般名塩酸セフェピム)が9月16日付けで、発熱性好中球減少症に対する効能・効果の適応追加承認を取得したと発表した。同症に対する抗生剤の適応承認は国内では初めてだという。

 日本では好中球減少症に対し、かねてから抗生剤が適応外使用されており、日本血液学会が同症への適応承認を求める要望書を厚生労働大臣に提出していた。薬価は従来と変わりなく、0.5g1瓶が964円、1g1瓶が1425円。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 心筋梗塞を自力で治療し搬送された看護師の話 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:331
  2. 名古屋市内で医療事務の従事者が麻疹発症 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:5
  3. 認定内科医はどうなる?内科専門医になれる? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-3》 FBシェア数:57
  4. 指導医に教育してもらっても満足できない人へ イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:62
  5. コミュニケーションの意外なきっかけ!! 病院珍百景 FBシェア数:21
  6. 出題形式、合否基準を熟知すると攻略法が見えてくる 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:30
  7. 整腸剤は保管しやすいミヤBMがお薦め 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:218
  8. ナースが外でついやってしまうこと 病院珍百景 FBシェア数:87
  9. 複数の専門医になるダブルボードは現実的? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-4》 FBシェア数:32
  10. 新専門医制度で専攻医の地域偏在は助長された? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-5》 FBシェア数:13
医師と医学研究者におすすめの英文校正