2004.09.24

ブリストル製薬、第4世代セフェムで発熱性好中球減少症の適応追加承認を取得

 ブリストル製薬は、第4世代セフェム系抗生剤「注射用マキシビーム0.5g、同1g」(一般名塩酸セフェピム)が9月16日付けで、発熱性好中球減少症に対する効能・効果の適応追加承認を取得したと発表した。同症に対する抗生剤の適応承認は国内では初めてだという。

 日本では好中球減少症に対し、かねてから抗生剤が適応外使用されており、日本血液学会が同症への適応承認を求める要望書を厚生労働大臣に提出していた。薬価は従来と変わりなく、0.5g1瓶が964円、1g1瓶が1425円。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 25歳女性。外陰部の結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 52歳男性。右顔面痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 知ってた? 一円玉はX線画像に写らない! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:149
  4. 内視鏡検査をAIで支援、悪性度も瞬時に判定 リポート◎AIが変える大腸内視鏡検査 FBシェア数:216
  5. 「患者への説明」に時間を充てすぎてはいけない 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:628
  6. 10歳男児。咽頭違和感、全身掻痒感、呼吸困難 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  7. 抗菌薬の適正使用が最も進んでいる診療科は? 医師1000人に聞きました FBシェア数:47
  8. シンギュラリティ後を見越し、子どもをどう育てる?… 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:4
  9. 医師の理想的なキャリアプランとは 学会トピック◎日本病院総合診療医学会学術総会 FBシェア数:143
  10. 今さら聞けない低血糖患者への対処法 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:102