2004.09.24

ブリストル製薬、第4世代セフェムで発熱性好中球減少症の適応追加承認を取得

 ブリストル製薬は、第4世代セフェム系抗生剤「注射用マキシビーム0.5g、同1g」(一般名塩酸セフェピム)が9月16日付けで、発熱性好中球減少症に対する効能・効果の適応追加承認を取得したと発表した。同症に対する抗生剤の適応承認は国内では初めてだという。

 日本では好中球減少症に対し、かねてから抗生剤が適応外使用されており、日本血液学会が同症への適応承認を求める要望書を厚生労働大臣に提出していた。薬価は従来と変わりなく、0.5g1瓶が964円、1g1瓶が1425円。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:290
  2. 傍観者 じたばたナース FBシェア数:27
  3. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:487
  4. あなたの水晶体を守る防護眼鏡の選び方 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:59
  5. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 地域包括ケアは「囲い込み」から「連合」へ 記者の眼 FBシェア数:141
  7. インフルエンザ脳症、今季初の死亡例 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:257
  8. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:16
  9. 国際医療福祉大学医学部の志願者倍率は27.7倍 昨年開学した東北医科薬科大学を大幅に上回る人気 FBシェア数:429
  10. 片麻痺+ショックの答えはほぼ1つ カデット特集●救急Tips99 FBシェア数:0