2004.09.22

健遊館、2005年から小規模型通所介護のFC加盟を募集

 (株)健遊館(名古屋市中村区)は2005年1月以降、小規模型の通所介護事業所をフランチャイズ(FC)展開する。まず年内に利用定員15人程度の直営事業所を名古屋市内に開設し、運営ノウハウを蓄積する。一時宿泊や介護予防の機能を持たせることも検討している。介護保険制度の次期改正で、厚生労働省が導入を予定している「小規模・多機能サービス拠点」に対応する狙いがある。加盟金は300万円(税別、開設前研修費・販促費を含む)、ロイヤルティーは月売上高の7%(税別)、システム使用料は月5万8000円(税別)とする考え。2005年末までに直営・FCを合わせて事業所を20カ所に増やす計画だ。

 健遊館は2003年から定員30人以上の通所介護事業所のFC加盟を募集し、これまでに5カ所のFC事業所の開設を支援してきた。同社のFCシステムでは本部と加盟事業所をネットワークで結び、本部側が利用者やスタッフの情報を一元管理して、毎日の介護記録の作成、スタッフの勤怠管理、給与支払いなどを代行する。FC加盟事業者にとっては事務職員の配置が不要になるなどのメリットがある。(村松謙一、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256