2004.09.22

運転時に缶コーヒーを飲むと疲れがとれる、ポッカが実験で確認

 運転中にコーヒーを飲むと眠気だけでなく疲れもとれる。コーヒーのこんな新たな効用をポッカコーポレーションが実験で確かめた。

 運転疲労は主に精神的ストレスによるものとされていることから、ポッカはトヨタグループの豊田中央研究所が開発した精神ストレスマーカーである唾液中のクロモグラニンAを測定し、運転疲労の回復の程度を確認した。

 被験者12人を2グループに分け、それぞれ1時間自動車を運転した後、1グループは5分以内にポッカ製無糖缶コーヒーを飲み、他のグループは飲まずに休息をとった。クロモグラニンAは運転直後、15分後、30分後に測定した。

 到着直後のクロモグラニンAの濃度を100とした時、コーヒーを飲んでいない場合には15分後、30分後とも105程度でほとんど変化なかったが、コーヒー飲用群では15分後には約70、30分後には約40と顕著に低下した。個人差が大きくこの人数では有意差が得られなかったが、コーヒーを飲んだグループで運転疲労が減少する傾向が明らかになった。

 本研究成果については、10月30日に開催される日本食品化学工学会中部支部大会で発表を予定している。

 ポッカのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. “根室の奇跡” 耐性肺炎球菌を減らせた秘策 事例研究◎抗菌薬を適切に使えば必ず地域社会を変えられる FBシェア数:177
  2. 59歳女性。めまい 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 医者だとバレたくない うさコメント! FBシェア数:10
  4. レーシックの欠点補う近視矯正手術SMILE リポート◎第三の視力矯正手術の実力は? FBシェア数:145
  5. 保険者の突合点検で発覚した検査料の誤請求 あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:34
  6. 塩野義製薬の新規抗インフルエンザ薬、第3相臨床試… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:250
  7. 俺はいたって元気なんだけどなあ〜 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:27
  8. 83歳男性。両下肢の脱力 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. 抗菌薬使用最適化にクリニカルパス見直しが効く 事例研究◎院内で活躍する感染制御部 FBシェア数:94
  10. 皮膚膿瘍は切開排膿後の抗菌薬で治癒率上昇 NEJM誌から FBシェア数:2