2004.09.22

運転時に缶コーヒーを飲むと疲れがとれる、ポッカが実験で確認

 運転中にコーヒーを飲むと眠気だけでなく疲れもとれる。コーヒーのこんな新たな効用をポッカコーポレーションが実験で確かめた。

 運転疲労は主に精神的ストレスによるものとされていることから、ポッカはトヨタグループの豊田中央研究所が開発した精神ストレスマーカーである唾液中のクロモグラニンAを測定し、運転疲労の回復の程度を確認した。

 被験者12人を2グループに分け、それぞれ1時間自動車を運転した後、1グループは5分以内にポッカ製無糖缶コーヒーを飲み、他のグループは飲まずに休息をとった。クロモグラニンAは運転直後、15分後、30分後に測定した。

 到着直後のクロモグラニンAの濃度を100とした時、コーヒーを飲んでいない場合には15分後、30分後とも105程度でほとんど変化なかったが、コーヒー飲用群では15分後には約70、30分後には約40と顕著に低下した。個人差が大きくこの人数では有意差が得られなかったが、コーヒーを飲んだグループで運転疲労が減少する傾向が明らかになった。

 本研究成果については、10月30日に開催される日本食品化学工学会中部支部大会で発表を予定している。

 ポッカのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1054
  2. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:292
  3. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:432
  4. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:16
  5. どうする? 扁桃摘出1週間後の術後出血 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:0
  6. BPSDには非薬物療法が最良の選択肢なのか? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:62
  7. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:22
  8. 天井に届いた喀血 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:1
  9. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:49
  10. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:56