2004.09.22

【Pharma Business】 スペシャルリポート:患者シェアで強み発揮する山之内・藤沢連合

 言うまでもなくM&A(企業の合併・買収)は、企業の成長戦略において重要な選択肢の一つである。短期的に売上規模を拡大しようとする欧米流のM&A戦略は、果たして日本の製薬業界でも有効なのだろうか。

 山之内製薬と藤沢薬品工業の合併は、この点を占う上で絶好の材料と言えよう。2005年4月1日には、新会社のアステラス製薬が発足する。そこで筆者らは、約70万人分の処方せんをカバーするデータベース(2003年分データ)を利用して分析を行い、山之内・藤沢の合併がどのような効果をもたらすかを考察してみた(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:29
  2. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:222
  3. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  4. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:237
  5. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:56
  6. 若年者のピロリ菌スクリーニング検査は簡便な尿中抗… 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385
  8. 初訪問で患者が激怒!そのワケは? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:79
  9. 「怒鳴る」「注意できない」管理者の結末 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:6
  10. 2016年の梅毒患者は4500人超、最多の東京都… 前年比で大幅増加 FBシェア数:239