2004.09.22

【Pharma Business】 SCRIP MAGAZINE:“ダメ薬”を再生しよう(上)

 製薬業界は、我々が考えているほど新薬の開発で利益を上げているわけではない。1990年代には高性能スクリーニングや組み合わせ化学といった新技術が登場したにもかかわらず、生産性は低下した。フェーズ1試験を行った化合物のうち、発売までこぎ着けるのはわずか10%程度である。大部分の化合物で、狙った適応症における十分な有効性を確認できないからだ。

 開発中止に追い込まれた化合物にかかった分を含めると、一つの医薬品の開発には約10年の歳月と8億5000万ドルもの費用が必要だ。合併や戦略変更で事業領域が変わると、いかに優れた化合物でも開発が棚上げになることもある(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:6
  2. 今年の大学医学部入試の問題から(その2) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:8
  3. 日本人NVAFのための脳梗塞リスクスコア開発 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:1
  4. β遮断薬:カルベジロールに4割弱の支持集まる NMO処方サーベイ FBシェア数:103
  5. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:12
  6. 50歳代男性。咳、痰、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  7. ガイドライン外来診療◆貧血 ガイドライン外来診療 FBシェア数:0
  8. 最も長い名前の呼吸器疾患 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:9
  9. 山形県の麻疹感染が拡大、埼玉県や宮城県でも患者確… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:303
  10. 心房細動のないHFpEF患者の一部は高率で脳卒中… Eur Heart J誌から FBシェア数:108