2004.09.22

東芝、リウマチ治療薬の効き目や副作用判定するDNAチップを開発

 東芝は9月21日、東京女子医科大学膠原病リウマチ痛風センター教授の鎌谷直之氏らと共同で、リウマチ治療薬の効果や副作用、合併症の発症確率を患者ごとに判定するためのDNAチップを開発したと発表した。この10月から1年間をめどに東京女子医大で実用化に向けた有効性の検証を実施する。

 鎌谷氏らの研究グループは、リウマチ治療薬であるメトトレキサートとスルファサラジンの副作用と、リウマチの合併症であるアミロイドーシスの発症予測や診断に適した遺伝子多型(SNPs)を発見した。今回開発したDNAチップは、これらのSNPsの検出・解析を目的とする。

 東芝は東京女子医大膠原病リウマチ痛風センターに自社開発のDNA検査装置「Genelyzer」を設置し、有効性を評価する検証を開始する予定だ。この検証はバイオベンチャーのジェネシス・テクノロジーズの協力を得て実施するという。

 本件についてのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256