2004.09.22

東芝、リウマチ治療薬の効き目や副作用判定するDNAチップを開発

 東芝は9月21日、東京女子医科大学膠原病リウマチ痛風センター教授の鎌谷直之氏らと共同で、リウマチ治療薬の効果や副作用、合併症の発症確率を患者ごとに判定するためのDNAチップを開発したと発表した。この10月から1年間をめどに東京女子医大で実用化に向けた有効性の検証を実施する。

 鎌谷氏らの研究グループは、リウマチ治療薬であるメトトレキサートとスルファサラジンの副作用と、リウマチの合併症であるアミロイドーシスの発症予測や診断に適した遺伝子多型(SNPs)を発見した。今回開発したDNAチップは、これらのSNPsの検出・解析を目的とする。

 東芝は東京女子医大膠原病リウマチ痛風センターに自社開発のDNA検査装置「Genelyzer」を設置し、有効性を評価する検証を開始する予定だ。この検証はバイオベンチャーのジェネシス・テクノロジーズの協力を得て実施するという。

 本件についてのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:594
  2. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:66
  3. 何気ない言葉の効果 じたばたナース FBシェア数:3
  4. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:351
  5. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:72
  6. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:531
  7. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:481
  8. 見逃し注意!コニール分2の適応違い セキララ告白!個別指導 FBシェア数:36
  9. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  10. 左主冠動脈狭窄ではCABGがPCIに勝る Lancet誌から FBシェア数:153