2004.09.22

東芝、リウマチ治療薬の効き目や副作用判定するDNAチップを開発

 東芝は9月21日、東京女子医科大学膠原病リウマチ痛風センター教授の鎌谷直之氏らと共同で、リウマチ治療薬の効果や副作用、合併症の発症確率を患者ごとに判定するためのDNAチップを開発したと発表した。この10月から1年間をめどに東京女子医大で実用化に向けた有効性の検証を実施する。

 鎌谷氏らの研究グループは、リウマチ治療薬であるメトトレキサートとスルファサラジンの副作用と、リウマチの合併症であるアミロイドーシスの発症予測や診断に適した遺伝子多型(SNPs)を発見した。今回開発したDNAチップは、これらのSNPsの検出・解析を目的とする。

 東芝は東京女子医大膠原病リウマチ痛風センターに自社開発のDNA検査装置「Genelyzer」を設置し、有効性を評価する検証を開始する予定だ。この検証はバイオベンチャーのジェネシス・テクノロジーズの協力を得て実施するという。

 本件についてのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認定内科医はどうなる?内科専門医になれる? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-3》 FBシェア数:38
  2. 13歳女児。増大傾向にある肝病変 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  3. 心筋梗塞を自力で治療し搬送された看護師の話 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:269
  4. 「土俵×女性」問題で虎が感じた違和感 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:26
  5. 2018改定で中小病院を「優遇」…病床減らす? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:45
  6. いまだに減らない「いきなりAIDS」 厚生科学審議会感染症部会エイズ・性感染症に関する小委員会が報告 FBシェア数:65
  7. H2ブロッカー:ガスター人気の拡大続く NMO処方サーベイ FBシェア数:54
  8. 専門医の更新は?メスを置いた後でもOK? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-2》 FBシェア数:17
  9. 面談の極意は「目的が伝わる組み立て」にあり 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか FBシェア数:200
  10. 搬送された「意識障害」の年齢別原因と転帰 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:21
医師と医学研究者におすすめの英文校正