2004.09.21

日経メディカル9月号記事に読者から疑問の声 「糖尿病の新規発症」解析は事前に計画していた−−VALUE研究者がLancet誌で回答

 日経メディカル9月号トレンドビュー「問われる『VALUE』の価値―大規模臨床試験の結果が混乱するワケ―」(p30〜31)で、「事前エンドポイントとして設定されていなかった『糖尿病の新規発症』がエンドポイントとして記述されている」点や「狭心症など事前のエンドポイントの一部は、結果の論文では『副作用』として扱われている」などの点を「ルール違反」とし、「“操作”が原著論文の段階で行われた」との記述に対して、「ルール違反と言えないのではないか」との疑問の声や、「原著論文で“操作”が行われた」とした記述の根拠を問う声が読者から寄せられている。

 このうち「ルール違反」と表現した、「事前エンドポイントとして設定されていなかった『糖尿病の新規発症』がなぜかエンドポイントの一つとして記述されている」点については、今年6月に原著論文を掲載したLancet誌の9月11日のCorrespondenceに、VALUE研究のリーダーであり原著論文の著者でもあるStevo Julius氏とMichael A. Weber氏が連名で以下のように回答している。

 「糖尿病の新規発症を解析指標とすることは、研究が終了するより前に決定した。その点については、2002年9月に発行した公式なVALUEニューズレターで、各国のVALUE参加医師全員に知らされていた」。

 Lancet誌に掲載された一連の質疑応答のタイトルは、「VALUE:analysis of results」。現在、全文をこちらで閲読できる(要登録、無料)。

■ お詫び ■
 日経メディカル9月号のVALUEに関する記事については、不十分な取材に基づいて「糖尿病の新規発症」の扱いに対して「ルール違反」としたり、「狭心症など事前のエンドポイントの一部は、結果の論文では『副作用』として扱われている」などの点を「原著論文を“操作”した」などと、不適切な表現が一部認められました。この結果、読者ならびに関係者に混乱をもたらし、ご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。

 日経メディカルでは、記事で指摘された疑問点について引き続き追加取材を行い、同誌10月号で改めて正確な情報を提供する予定です。また高血圧診療における薬剤選択などの問題についても、第27回日本高血圧学会などの取材をもとに、随時、情報提供していきます(日経メディカル編集)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 毎日が帯状疱疹!?チョロい疾患と侮るなかれ 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来 FBシェア数:138
  2. なぜ肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢を盛り… ガイドライン作成委員を務めた大阪大学感染制御学教授の朝野和典氏に聞く FBシェア数:404
  3. 「運転禁止薬」の運転一律規制はおかしい 学会トピック◎第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:354
  4. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  5. 介護放棄を「殺人」と断罪できるか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:181
  6. 一足早く知りたい? 2018改定の注目点はココ! 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:18
  7. 心停止時にこそ分かる医師と患者の信頼関係 リポート◎見込みのない心肺蘇生を回避するには(後編) FBシェア数:174
  8. リード不要、心室に留置するペースメーカー登場 トレンド◎心臓ペーシング治療、新時代 FBシェア数:650
  9. 新専門医制度のQ&A集を機構が公開 NEWS FBシェア数:4
  10. エレベーター横のモニターが医師の事務負担減 特集◎医師こそ働き方改革を《事例−1》 FBシェア数:164