2004.09.21

日経メディカル9月号記事に読者から疑問の声 「糖尿病の新規発症」解析は事前に計画していた−−VALUE研究者がLancet誌で回答

 日経メディカル9月号トレンドビュー「問われる『VALUE』の価値―大規模臨床試験の結果が混乱するワケ―」(p30〜31)で、「事前エンドポイントとして設定されていなかった『糖尿病の新規発症』がエンドポイントとして記述されている」点や「狭心症など事前のエンドポイントの一部は、結果の論文では『副作用』として扱われている」などの点を「ルール違反」とし、「“操作”が原著論文の段階で行われた」との記述に対して、「ルール違反と言えないのではないか」との疑問の声や、「原著論文で“操作”が行われた」とした記述の根拠を問う声が読者から寄せられている。

 このうち「ルール違反」と表現した、「事前エンドポイントとして設定されていなかった『糖尿病の新規発症』がなぜかエンドポイントの一つとして記述されている」点については、今年6月に原著論文を掲載したLancet誌の9月11日のCorrespondenceに、VALUE研究のリーダーであり原著論文の著者でもあるStevo Julius氏とMichael A. Weber氏が連名で以下のように回答している。

 「糖尿病の新規発症を解析指標とすることは、研究が終了するより前に決定した。その点については、2002年9月に発行した公式なVALUEニューズレターで、各国のVALUE参加医師全員に知らされていた」。

 Lancet誌に掲載された一連の質疑応答のタイトルは、「VALUE:analysis of results」。現在、全文をこちらで閲読できる(要登録、無料)。

■ お詫び ■
 日経メディカル9月号のVALUEに関する記事については、不十分な取材に基づいて「糖尿病の新規発症」の扱いに対して「ルール違反」としたり、「狭心症など事前のエンドポイントの一部は、結果の論文では『副作用』として扱われている」などの点を「原著論文を“操作”した」などと、不適切な表現が一部認められました。この結果、読者ならびに関係者に混乱をもたらし、ご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。

 日経メディカルでは、記事で指摘された疑問点について引き続き追加取材を行い、同誌10月号で改めて正確な情報を提供する予定です。また高血圧診療における薬剤選択などの問題についても、第27回日本高血圧学会などの取材をもとに、随時、情報提供していきます(日経メディカル編集)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176