2004.09.21

日経メディカル9月号記事に読者から疑問の声 「糖尿病の新規発症」解析は事前に計画していた−−VALUE研究者がLancet誌で回答

 日経メディカル9月号トレンドビュー「問われる『VALUE』の価値―大規模臨床試験の結果が混乱するワケ―」(p30〜31)で、「事前エンドポイントとして設定されていなかった『糖尿病の新規発症』がエンドポイントとして記述されている」点や「狭心症など事前のエンドポイントの一部は、結果の論文では『副作用』として扱われている」などの点を「ルール違反」とし、「“操作”が原著論文の段階で行われた」との記述に対して、「ルール違反と言えないのではないか」との疑問の声や、「原著論文で“操作”が行われた」とした記述の根拠を問う声が読者から寄せられている。

 このうち「ルール違反」と表現した、「事前エンドポイントとして設定されていなかった『糖尿病の新規発症』がなぜかエンドポイントの一つとして記述されている」点については、今年6月に原著論文を掲載したLancet誌の9月11日のCorrespondenceに、VALUE研究のリーダーであり原著論文の著者でもあるStevo Julius氏とMichael A. Weber氏が連名で以下のように回答している。

 「糖尿病の新規発症を解析指標とすることは、研究が終了するより前に決定した。その点については、2002年9月に発行した公式なVALUEニューズレターで、各国のVALUE参加医師全員に知らされていた」。

 Lancet誌に掲載された一連の質疑応答のタイトルは、「VALUE:analysis of results」。現在、全文をこちらで閲読できる(要登録、無料)。

■ お詫び ■
 日経メディカル9月号のVALUEに関する記事については、不十分な取材に基づいて「糖尿病の新規発症」の扱いに対して「ルール違反」としたり、「狭心症など事前のエンドポイントの一部は、結果の論文では『副作用』として扱われている」などの点を「原著論文を“操作”した」などと、不適切な表現が一部認められました。この結果、読者ならびに関係者に混乱をもたらし、ご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。

 日経メディカルでは、記事で指摘された疑問点について引き続き追加取材を行い、同誌10月号で改めて正確な情報を提供する予定です。また高血圧診療における薬剤選択などの問題についても、第27回日本高血圧学会などの取材をもとに、随時、情報提供していきます(日経メディカル編集)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「四国の真ん中」の病院に医師が続々集まる理由 記者リポート FBシェア数:150
  2. 他の裁判より難しい医療訴訟、1点を除いては… 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:27
  3. FFR-CTの導入で冠動脈造影が減り医療費も削減 学会トピック◎第82回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:190
  4. 「医療機関で麻疹拡散」は何としても防ぎたい パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:101
  5. 「入院は嫌」94歳患者に肝膿瘍が生じたら… 新田國夫の「直伝・高齢者診療の極意」 FBシェア数:37
  6. セレコックスが増えたのは薬剤師のせい!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:55
  7. OD錠のODって何の略? クスリの名前 探検隊 FBシェア数:66
  8. 切除不能膵癌のconversion surger… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:10
  9. ゲノムに基づく戦略に進化した肺癌診療 特集◎癌ゲノム医療がやって来る《1》 FBシェア数:21
  10. 高強度スタチン治療で末梢動脈疾患の転帰改善 Circulation誌から FBシェア数:34
医師と医学研究者におすすめの英文校正