2004.09.21

松下電工、触れるだけでデータ通信できる人体通信システムを発売

 松下電工は人体を通してデータを伝送できる「タッチ通信システム」を計量器メーカー向けに発売した。この技術を利用すると、個人認証情報を記録した腕時計やIDカードなどを身に付けておけば、ドアノブに触れるだけで認証を完了して管理区域に入退室できるセキュリティシステムなどを作ることができる。医療現場に応用すれば、薬剤取り違い、患者取り違いなど危険な医療過誤を未然に防ぐことができそうだ。

 タッチ通信システムは、人体に害のない微弱な交流電流を流し、そこにデータを載せることで通信を行う。平均電流は体脂肪計などと同じ500μA以下、通信速度は毎秒3700ビット。赤外線や電波を利用しないためセキュリティ性も高いという。初年度は1カ月1000セットの販売を目指す。

 松下電工のプレスリリースはこちらで閲覧できる。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. Q.創閉鎖前のポビドンヨード洗浄は有効? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(3) FBシェア数:171
  2. CT読影は臓器の連続性を意識する! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:64
  3. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:5
  4. 「医師の言動でPTSD」認めず病院側が逆転勝訴 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 当直が大人気、相澤病院の働き方改革とは 日本病院会会長の相澤孝夫氏に聞く FBシェア数:1059
  6. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:496
  7. 気づけば増えた血糖降下薬、どう減らす? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:143
  8. その欲望は、本当に君自身のもの? 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:12
  9. かんしゃくを起こす子にはジャンケンが有効 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:110
  10. Q.抗菌縫合糸の使用はSSI発生率を下げる? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(1) FBシェア数:127