2004.09.21

松下電工、触れるだけでデータ通信できる人体通信システムを発売

 松下電工は人体を通してデータを伝送できる「タッチ通信システム」を計量器メーカー向けに発売した。この技術を利用すると、個人認証情報を記録した腕時計やIDカードなどを身に付けておけば、ドアノブに触れるだけで認証を完了して管理区域に入退室できるセキュリティシステムなどを作ることができる。医療現場に応用すれば、薬剤取り違い、患者取り違いなど危険な医療過誤を未然に防ぐことができそうだ。

 タッチ通信システムは、人体に害のない微弱な交流電流を流し、そこにデータを載せることで通信を行う。平均電流は体脂肪計などと同じ500μA以下、通信速度は毎秒3700ビット。赤外線や電波を利用しないためセキュリティ性も高いという。初年度は1カ月1000セットの販売を目指す。

 松下電工のプレスリリースはこちらで閲覧できる。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  2. 「AIに興味がある医師」を探し始めた病院の狙い 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  3. 長引く感冒を疾患クラスターで考える 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:13
  4. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  5. 患者応対を改善させる「マジックフレーズ」 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  6. 手指衛生、ちゃんとやってるのに、一体何が… わかる!院内感染対策 FBシェア数:108
  7. 原因はおやつ!身体のココを見れば分かる!? 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:85
  8. カルボシステインの薬疹は夜飲むと起こりやすい 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:434
  9. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:390
  10. 抗PD-1抗体投与後の1型糖尿病発症、実態は 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:95