2004.09.21

急性心筋梗塞患者にはまず血栓溶解剤、その後のPTAで1年以内の再発や死亡が減少

 スペインの研究者らが行った臨床試験、GRACIA-1で、心筋梗塞患者に最新の血栓溶解剤を投与し24時間以内に経皮経管的血管形成術(PTA)を行うと、保存的薬物療法に比べ、1年目の治療成績が向上することが示された。詳細はLancet誌9月18日号に報告された。

 現行の治療ガイドラインは、出血頻度が高まるなどの理由から、血栓溶解剤投与から数時間以内のPTAを推奨していない。が、このガイドラインは、前世代の経皮的動脈形成術と血栓溶解剤を用いた臨床試験に基づいて作製されたものだ。近年、最新の血栓溶解剤の投与後にステントグラフト内挿術を行う試みが進んでおり、安全で再閉塞率も合併症も少ないことが示唆されている。

 GRACIA-1は、新しい血栓溶解剤とステントを用いてこの治療法を再評価するために設計された、無作為割付比較対照試験。対象は、スペインとポルトガルの医療センターに入院した、ST波上昇のある急性心筋梗塞患者500人。最初に血栓溶解剤として組換えt-PA製剤を投与、その後、保存的薬物療法またはPTAに割り付けた。6〜24時間以内にカテーテルが挿入された248人のうち、199人にステント内挿術が適用された。一方、252人に最先端の薬剤を用いた保存的療法が行われた。

 入院中は死亡率も再発率もほぼ同様だったが、退院後に再発して治療が必要となる患者は保存的療法の方が5倍も多く、入院日数も保存的療法の方が長かった。出血頻度は同様だった。1年間では、死亡率、再梗塞発生率、再治療の必要性がPTA群で有意に低かった。これらの結果は、血栓溶解剤投与後、早期にカテーテルを挿入しPTAを行う方法の安全性と有効性を示した。

 論文のタイトルは「Routine invasive strategy within 24 hours of thrombolysis versus ischaemia-guided conservation approach for acute
myocardial infarction with ST-segment elevation (GRACIA-1): a randomised controlled trail」、アブストラクトはこちらで閲覧できる(Lancetのサイトへの登録が必要です)。 (大西淳子、医学ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:409
  2. 新検査法の登場で百日咳の診断が変わる トレンド◎ガイドラインも改訂、早期診断・治療が可能に FBシェア数:284
  3. 若手も半数は「ほとんどバイトせず」 Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  4. 肺癌診療ガイドライン改訂で議論が紛糾した3つのポ… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:103
  5. 「医療のことに口出しするな」怒られたケアマネ 医師が知らない介護の話 FBシェア数:472
  6. ディオバン事件告発の「成果」──結審を迎えて 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:40
  7. ヒトの健康と腸内細菌叢に関する最新情報 NEJM誌から FBシェア数:229
  8. ロラタジンが要指導医薬品に指定 ペミロラストカリウム点眼は要指導から第1類へ FBシェア数:65
  9. 新設の国際医療福祉大医学部の人気は? リポート◎2017大学入試シーズンがスタート FBシェア数:9
  10. 医療者を守る放射線防護の10カ条 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:82