2004.09.21

クローン病患者の末梢血からMAPの分離培養に成功

 マイコバクテリウム・アビウム亜種パラツベルクローシス(MAP)は、反芻動物に慢性の腸炎を引き起こす細菌(ヨーネ菌)として知られる。1985年に、米国でクローン病患者の腸管からこの菌が分離されて以来、MAPとクローン病の関係を示すデータがいくつか得られている。しかし、MAPが病原なのか、それともクローン病患者の腸がこの菌の持続感染に適した環境にあるのかは明らかではない。今回、米国の研究者らが、クローン病患者の血液からMAPのDNAを検出、また培養によりMAPを分離することに成功し、詳細をLancet誌9月18日号に報告した。

 研究対象になったのは、クローン病患者28人、潰瘍性大腸炎患者9人、炎症性の腸疾患ではない人15人(大腸ガン2人、憩室炎1人、逆流性食道炎1人、健常人11人)。4mlX2本の末梢血を採取しバフィーコート分画を得、1本をPCR、もう1本は培養に用いた。

 PCRでMAPが検出されたのは、クローン病者で13人(45%)、炎症性大腸炎4人(45%)、炎症性腸疾患でない人3人(20%)だった。また、MAPの分離培
養に成功したのは、順番に14人(50%、うち当初PCRでMAPが検出されたのは11人)、2人(22%)、0人だった。免疫抑制作用のある薬剤の使用の有無と分離の可否は無関係だった。

 分離された11株のPCR産物の配列を調べたところ、9株はそれぞれ配列が異なっていた。

 筆者達は、MAPがクローン病の原因であるという仮説にエビデンスを加えたと述べている。MAP陽性だった潰瘍性大腸炎患者については、診断がつかないクローン病患者がいるのか、または、これら2疾患の発症における環境要因が同じである可能性があると説明している。

 添えられたコメントには、MAPを標的とする抗生剤の患者への投与は、まだ時期尚早と書かれている。

 論文のタイトルは「Culture of Mycobacterium avium subspecies paratuberculosis from the blood of patients with Crohn's disease」、アブストラクトはこちらで閲覧できる(Lancetのサイトへの登録が必要です)。(大西淳子、医学ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:72
  2. 褥瘡治癒の決め手は「亜鉛」にあった リポート◎木を見て森を見ずの褥瘡治療 FBシェア数:597
  3. なぜ医療機関で「残念な上司」が増殖するのか 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:439
  4. 知っているようで知らない「かぜ」を科学する かぜ診療での“困った”に答えます FBシェア数:138
  5. 「一度入れた人工呼吸器は外せない」は誤解 インタビュー◎医療の有益性より患者の意思を尊重すべし FBシェア数:369
  6. 『君たちはどう生きるか』と救急受け入れ拒否 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:74
  7. 67歳男性。心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  8. 「医院に接遇はいらない」と反発した職員の真意 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:246
  9. 脳卒中で逝った大奥の支配者 天璋院篤姫 病と歴史への招待 FBシェア数:1
  10. 130/80mmHg超えたら高血圧?患者数急増へ 特集◎生活習慣病 7つの新常識《1》 FBシェア数:91
医師と医学研究者におすすめの英文校正