2004.09.21

クローン病患者の末梢血からMAPの分離培養に成功

 マイコバクテリウム・アビウム亜種パラツベルクローシス(MAP)は、反芻動物に慢性の腸炎を引き起こす細菌(ヨーネ菌)として知られる。1985年に、米国でクローン病患者の腸管からこの菌が分離されて以来、MAPとクローン病の関係を示すデータがいくつか得られている。しかし、MAPが病原なのか、それともクローン病患者の腸がこの菌の持続感染に適した環境にあるのかは明らかではない。今回、米国の研究者らが、クローン病患者の血液からMAPのDNAを検出、また培養によりMAPを分離することに成功し、詳細をLancet誌9月18日号に報告した。

 研究対象になったのは、クローン病患者28人、潰瘍性大腸炎患者9人、炎症性の腸疾患ではない人15人(大腸ガン2人、憩室炎1人、逆流性食道炎1人、健常人11人)。4mlX2本の末梢血を採取しバフィーコート分画を得、1本をPCR、もう1本は培養に用いた。

 PCRでMAPが検出されたのは、クローン病者で13人(45%)、炎症性大腸炎4人(45%)、炎症性腸疾患でない人3人(20%)だった。また、MAPの分離培
養に成功したのは、順番に14人(50%、うち当初PCRでMAPが検出されたのは11人)、2人(22%)、0人だった。免疫抑制作用のある薬剤の使用の有無と分離の可否は無関係だった。

 分離された11株のPCR産物の配列を調べたところ、9株はそれぞれ配列が異なっていた。

 筆者達は、MAPがクローン病の原因であるという仮説にエビデンスを加えたと述べている。MAP陽性だった潰瘍性大腸炎患者については、診断がつかないクローン病患者がいるのか、または、これら2疾患の発症における環境要因が同じである可能性があると説明している。

 添えられたコメントには、MAPを標的とする抗生剤の患者への投与は、まだ時期尚早と書かれている。

 論文のタイトルは「Culture of Mycobacterium avium subspecies paratuberculosis from the blood of patients with Crohn's disease」、アブストラクトはこちらで閲覧できる(Lancetのサイトへの登録が必要です)。(大西淳子、医学ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:3
  2. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  3. 胃穿孔でショック死、開腹の決断の遅れを認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:3
  4. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:141
  5. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:95
  6. バリウム検診で「要精検」と言われる患者 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:54
  7. 初めてのレセ請求、期限間際に思わぬ問題が発覚 開業の落とし穴 FBシェア数:3
  8. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:100
  9. 米国の人工膝関節全置換術は適応を見直すべき BMJ誌から FBシェア数:66
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:13