2004.09.21

クローン病患者の末梢血からMAPの分離培養に成功

 マイコバクテリウム・アビウム亜種パラツベルクローシス(MAP)は、反芻動物に慢性の腸炎を引き起こす細菌(ヨーネ菌)として知られる。1985年に、米国でクローン病患者の腸管からこの菌が分離されて以来、MAPとクローン病の関係を示すデータがいくつか得られている。しかし、MAPが病原なのか、それともクローン病患者の腸がこの菌の持続感染に適した環境にあるのかは明らかではない。今回、米国の研究者らが、クローン病患者の血液からMAPのDNAを検出、また培養によりMAPを分離することに成功し、詳細をLancet誌9月18日号に報告した。

 研究対象になったのは、クローン病患者28人、潰瘍性大腸炎患者9人、炎症性の腸疾患ではない人15人(大腸ガン2人、憩室炎1人、逆流性食道炎1人、健常人11人)。4mlX2本の末梢血を採取しバフィーコート分画を得、1本をPCR、もう1本は培養に用いた。

 PCRでMAPが検出されたのは、クローン病者で13人(45%)、炎症性大腸炎4人(45%)、炎症性腸疾患でない人3人(20%)だった。また、MAPの分離培
養に成功したのは、順番に14人(50%、うち当初PCRでMAPが検出されたのは11人)、2人(22%)、0人だった。免疫抑制作用のある薬剤の使用の有無と分離の可否は無関係だった。

 分離された11株のPCR産物の配列を調べたところ、9株はそれぞれ配列が異なっていた。

 筆者達は、MAPがクローン病の原因であるという仮説にエビデンスを加えたと述べている。MAP陽性だった潰瘍性大腸炎患者については、診断がつかないクローン病患者がいるのか、または、これら2疾患の発症における環境要因が同じである可能性があると説明している。

 添えられたコメントには、MAPを標的とする抗生剤の患者への投与は、まだ時期尚早と書かれている。

 論文のタイトルは「Culture of Mycobacterium avium subspecies paratuberculosis from the blood of patients with Crohn's disease」、アブストラクトはこちらで閲覧できる(Lancetのサイトへの登録が必要です)。(大西淳子、医学ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:32
  3. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:882
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:38
  5. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:3
  7. アメフト選手の大半は慢性外傷性脳症だった JAMA誌から FBシェア数:153
  8. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:64
  9. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:103
  10. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:127