2004.09.21

基底細胞がんに対する治療、系統的レビューは切除の有効性のみ示す

 患者が多く、発症率も上昇している基底細胞がん(BCC)の第一選択治療は、切除術だが、それ以外にも多くの治療法が用いられている。今回、7種類の治療の効果を評価する系統的レビューが行われたが、この病気の臨床像が様々であり、また、長期的な追跡がなされていないため、各療法の有効性比較は不可能だった。その中で、手術は放射線治療より有効であることが示された。詳細はBritish Medical Journal電子版に9月13日に報告された。

 文献データベースに1966〜2003年12月に登録された論文を調べ、18件の臨床試験を選出した。追跡を5年間続けたのは1件のみで、結果は、術中凍結切片を作製して切除範囲を決めて実施した切除の方が、放射線治療より再発が少なく(オッズ比0.09)、放射線治療の方が、治療部分の外観を長期的に損なうことを示した。

 他の治療法の再発率は、追跡期間が短い試験も含めて評価した。冷凍療法と切除の比較は1年の時点で有意な差を示せず、長期の比較は行われていない。

 放射線治療と冷凍療法では1年の時点の再発率は冷凍療法の方が高かった。光力学的療法と冷凍療法を比較すると、1年後の再発率が25%と15%だった。腫瘍内インターフェロン治療をプラセボ(偽薬)と比較した場合には、再発のオッズ比は0.03〜0.07、5-FUの局所投与を賦形剤と比較した試験ではオッズ比0.17、イミキモド・クリームと賦形剤の比較ではオッズ比は0.02〜0.07で、それそれ有効が示された。しかし、これらの治療と外科的切除との比較は行われていない。

 治療法の選択にとって重要なデータを得るため、被験者のBCCのタイプと部位、サイズを調整した上で、これら治療法と切除術の効果を比較するシンプルかつ長期的試験を行う必要がある。

 論文のタイトルは、「Interventions for basal cell carcinoma of the skin:systematic review」、現在全文がこちらで閲覧できる。(大西淳子、医学ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 30代男性職員の母親から届いた理不尽な苦情 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:29
  2. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:444
  3. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:5
  4. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:259
  5. 新設の国際医療福祉大医学部の人気は? リポート◎2017大学入試シーズンがスタート FBシェア数:9
  6. WELQと日経メディカルはどこが違うのか 記者の眼 FBシェア数:3
  7. 若手も半数は「ほとんどバイトせず」 Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  8. 「医療のことに口出しするな」怒られたケアマネ 医師が知らない介護の話 FBシェア数:481
  9. 肺癌診療ガイドライン改訂で議論が紛糾した3つのポ… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:106
  10. 同日入院の2人 DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:13