2004.09.21

基底細胞がんに対する治療、系統的レビューは切除の有効性のみ示す

 患者が多く、発症率も上昇している基底細胞がん(BCC)の第一選択治療は、切除術だが、それ以外にも多くの治療法が用いられている。今回、7種類の治療の効果を評価する系統的レビューが行われたが、この病気の臨床像が様々であり、また、長期的な追跡がなされていないため、各療法の有効性比較は不可能だった。その中で、手術は放射線治療より有効であることが示された。詳細はBritish Medical Journal電子版に9月13日に報告された。

 文献データベースに1966〜2003年12月に登録された論文を調べ、18件の臨床試験を選出した。追跡を5年間続けたのは1件のみで、結果は、術中凍結切片を作製して切除範囲を決めて実施した切除の方が、放射線治療より再発が少なく(オッズ比0.09)、放射線治療の方が、治療部分の外観を長期的に損なうことを示した。

 他の治療法の再発率は、追跡期間が短い試験も含めて評価した。冷凍療法と切除の比較は1年の時点で有意な差を示せず、長期の比較は行われていない。

 放射線治療と冷凍療法では1年の時点の再発率は冷凍療法の方が高かった。光力学的療法と冷凍療法を比較すると、1年後の再発率が25%と15%だった。腫瘍内インターフェロン治療をプラセボ(偽薬)と比較した場合には、再発のオッズ比は0.03〜0.07、5-FUの局所投与を賦形剤と比較した試験ではオッズ比0.17、イミキモド・クリームと賦形剤の比較ではオッズ比は0.02〜0.07で、それそれ有効が示された。しかし、これらの治療と外科的切除との比較は行われていない。

 治療法の選択にとって重要なデータを得るため、被験者のBCCのタイプと部位、サイズを調整した上で、これら治療法と切除術の効果を比較するシンプルかつ長期的試験を行う必要がある。

 論文のタイトルは、「Interventions for basal cell carcinoma of the skin:systematic review」、現在全文がこちらで閲覧できる。(大西淳子、医学ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. Q.創閉鎖前のポビドンヨード洗浄は有効? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(3) FBシェア数:171
  2. CT読影は臓器の連続性を意識する! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:64
  3. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:5
  4. 「医師の言動でPTSD」認めず病院側が逆転勝訴 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 当直が大人気、相澤病院の働き方改革とは 日本病院会会長の相澤孝夫氏に聞く FBシェア数:1059
  6. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:496
  7. 気づけば増えた血糖降下薬、どう減らす? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:143
  8. その欲望は、本当に君自身のもの? 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:12
  9. かんしゃくを起こす子にはジャンケンが有効 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:110
  10. Q.抗菌縫合糸の使用はSSI発生率を下げる? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(1) FBシェア数:127