2004.09.21

咽喉感染やアデノイド口蓋扁桃肥大が軽度の小児患者、アデノイド口蓋扁桃摘出術は無効−−RCTの結果から

 咽喉感染またはアデノイド口蓋扁桃肥大が軽度の小児に対するアデノイド口蓋扁桃摘出術の効果を調べるために、オランダの24施設で、2〜8歳の小児300人を対象に無作為割付比較対照試験が行われた。その結果、手術から6カ月を過ぎると、摘出群、観察群の間に有意な差はなくなることが明らかになった。詳細は、British Medical Journal誌電子版に9月10日に報告された。

 小児対象の扁桃摘出術は、西欧では一般に行われている。しかし、適応基準が明確でないため、手術適応率は1万人当たり50〜115人と国によって異なる。オランダでは、摘出術を受けた小児の35%は、術前、頻繁な咽喉感染か睡眠時無呼吸に苦しんでいた。が、それ以外の患者の症状は軽く、摘出術のそれら患者に対する利益を示すエビデンスは、これまで無かった。

 2000年3月から2003年2月まで行われた試験では、深刻な症状を呈する小児を除いて、患者は摘出群と観察群に割り付けられた。評価は、発熱、咽頭感染、上気道感染の発症回数と、健康関連のQOL。

 その結果、6カ月の時点では、発熱回数が切除群で年間2.97回、観察群では3.18回、咽喉感染は0.56回と0.77回、上気道感染が5.47回と6.00回と、切除群の方がいずれもわずかに少なかった。しかし、その後24カ月までに、有意な差は見られなくなった。睡眠時無呼吸のスコアおよび健康関連QOLについても同
様だった。ただし、1年間に起こす咽喉感染の回数が3〜6回の小児に限定すれば、摘出術は有効を示すデータが得られた。結果は年齢とは無関係だった。なお摘出術群の6%に出血などの合併症が見られた。

 論文のタイトルは「Effectiveness of adenotonsillectomy in children with mild symptoms of throat infections or adenotonsillar hypertrophy: open randomised controlled trial」、現在、全文がこちら(PDFファイル)で閲覧できる。 
(大西淳子、医学ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ポストがない…転職に動く「外様」医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:60
  2. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 特養の嘱託医、頑張るほど「持ち出し」の現実 記者の眼 FBシェア数:56
  4. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 感染対策もオシャレに わかる!院内感染対策 FBシェア数:10
  7. オーナーが倒産寸前! 危ない物件の見分け方 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  8. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:17
  9. 「AIに興味がある医師」を探し始めた病院の狙い 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:9
  10. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0