2004.09.17

日本調剤が株式上場、後発品の製薬事業進出に意欲

 大手調剤薬局チェーンの日本調剤が、9月17日、東京証券取引所第2部に上場した。同日、東証で記者会見した三津原博社長は、後発品の製造・販売事業の展開に意欲を示した。

 日本調剤の2004年3月期の連結売上高は約446億円。調剤薬局では、クラフトの443億円を上回り、アインファーマシーズの452億円に次ぐ業界第2位の規模。売上高の約98%が調剤技術や薬価などの保険収入で、「調剤売り上げは日本一」(三津原社長)だ。

 現在開設している店舗の数は、北海道から九州まで全国169店を数える。三津原社長は、「向こう3年間ぐらいは年に25店舗程度を出店したい」と語り、今後も調剤薬局事業の拡大を図るという。

 同時に新しい事業展開として、ジェネリック(後発品)の製薬事業への進出を挙げた。同社は今年2月、医薬品メーカーの日本ケミファと資本・業務提携しており、そのジェネリック事業のノウハウを活用していく考えだ。

 三津原社長は、「来年4月に施行される改正薬事法で、医薬品製造の外部委託が可能になる機を生かし、ジェネリックの販売も手がけていきたい」と語る。

 同時に三津原社長は、調剤薬局の顧客である医師や患者に、ジェネリックのメリットを積極的にアピールし、後発品使用の拡大に一役買う方針であることを明らかにした。
(井上俊明、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:646
  2. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:257
  3. 順調に進んでいた承継話が破談になったわけ その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:0
  4. 大学病院の医師には専門業務型裁量労働制を シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:58
  5. 「ホワイト」認定を受けた病院の狙いと成果 記者の眼 FBシェア数:0
  6. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:230
  7. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:152
  8. 厚労省に翻弄され続けた化血研、事業譲渡へ ニュース追跡◎化血研事件の顛末 FBシェア数:7
  9. 笛を吹かれる前に考えるべきことがあるだろう? 森井大一の「医療と経済と行政の交差点」 FBシェア数:6
  10. 眠れない患者さんにあげたいもの 病院珍百景 FBシェア数:6
医師と医学研究者におすすめの英文校正