2004.09.17

禁煙補助剤と相互作用を起こす薬剤

 日経ドラッグインフォメーション9月号から、「服薬指導―1」を紹介します。お試しください。

_________________「?」___

 50歳の女性Aさんが、総合病院の禁煙外来を受診した帰り道に薬局を訪れました。薬を受け取る際、Aさんは次のように話しました。

 私は若いころから、たばこを1日30本吸ってきました。でも先日、娘の出産をきっかけに禁煙しようと決心しました。たばこの煙が自分だけでなく、赤ちゃんにも悪い影響を及ぼすと思ったからです。早速、友達から聞いた病院の禁煙外来に行き、貼り薬を処方されました。この薬を貼れば本当にたばこをやめられるのですか。また、先生から、心臓や脳の病気をしたことはないかとか、飲んでいる薬はないかとか聞かれました。どういうことなのでしょうか。

■処方せん
(1) ニコチネルTTS30 1日1枚 最初の4週間
(2) ニコチネルTTS20 1日1枚 次の2週間
(3) ニコチネルTTS10 1日1枚 最後の2週間

Q1 ニコチネルTTS(経皮吸収ニコチン製剤)の3種類のサイズが漸減的に処方されているのはなぜか。

Q2 服用していた人がニコチネルTTSを使用して禁煙開始後、作用が増強してしまう薬剤は次のうちどれか。

(1) ハルナール(一般名:塩酸タムスロシン、α遮断剤)
(2) テノーミン(一般名:アテノロール、β遮断剤)
(3) テオドール(一般名:テオフィリン、キサンチン系気管支拡張剤)
(4) インデラル(一般名:塩酸プロプラノロール、β遮断剤)

 答えは本誌2004年9月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. かかりつけ医の普及に本腰、でも1人開業医は… 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《5》 FBシェア数:2
  2. 手術で体重3割減、合併する糖尿病も高率で寛解 トレンド◎肥満外科治療が日本でも普及の兆し FBシェア数:204
  3. 疼痛治療薬が効果なし…メンタルと思いきや 「こじらせ疼痛」にどう向き合う FBシェア数:0
  4. メジャー疾患のガイドライン改訂が目白押し 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:0
  5. 腎機能を確認せずに造影CTを行うのは罪? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:134
  6. N95マスクは何度まで使えるのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:0
  7. 悩ましい新・看護必要度、先進病院の対策は? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  8. 7対1看護から降りる病院、現場から反発も 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《2》 FBシェア数:151
  9. 小児急性中耳炎診療にある小児科と耳鼻咽喉科のギャ… 学会トピック◎第13回日本小児耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 FBシェア数:10
  10. 眼科専攻医登録数、愛知県の人数はなぜ突然変わった… ニュース追跡◎専門医機構の内部資料から見えてきたこと FBシェア数:47
医師と医学研究者におすすめの英文校正