2004.09.17

禁煙補助剤と相互作用を起こす薬剤

 日経ドラッグインフォメーション9月号から、「服薬指導―1」を紹介します。お試しください。

_________________「?」___

 50歳の女性Aさんが、総合病院の禁煙外来を受診した帰り道に薬局を訪れました。薬を受け取る際、Aさんは次のように話しました。

 私は若いころから、たばこを1日30本吸ってきました。でも先日、娘の出産をきっかけに禁煙しようと決心しました。たばこの煙が自分だけでなく、赤ちゃんにも悪い影響を及ぼすと思ったからです。早速、友達から聞いた病院の禁煙外来に行き、貼り薬を処方されました。この薬を貼れば本当にたばこをやめられるのですか。また、先生から、心臓や脳の病気をしたことはないかとか、飲んでいる薬はないかとか聞かれました。どういうことなのでしょうか。

■処方せん
(1) ニコチネルTTS30 1日1枚 最初の4週間
(2) ニコチネルTTS20 1日1枚 次の2週間
(3) ニコチネルTTS10 1日1枚 最後の2週間

Q1 ニコチネルTTS(経皮吸収ニコチン製剤)の3種類のサイズが漸減的に処方されているのはなぜか。

Q2 服用していた人がニコチネルTTSを使用して禁煙開始後、作用が増強してしまう薬剤は次のうちどれか。

(1) ハルナール(一般名:塩酸タムスロシン、α遮断剤)
(2) テノーミン(一般名:アテノロール、β遮断剤)
(3) テオドール(一般名:テオフィリン、キサンチン系気管支拡張剤)
(4) インデラル(一般名:塩酸プロプラノロール、β遮断剤)

 答えは本誌2004年9月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:29
  2. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:222
  3. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  4. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:237
  5. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:56
  6. 若年者のピロリ菌スクリーニング検査は簡便な尿中抗… 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385
  8. 初訪問で患者が激怒!そのワケは? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:79
  9. 「怒鳴る」「注意できない」管理者の結末 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:6
  10. 2016年の梅毒患者は4500人超、最多の東京都… 前年比で大幅増加 FBシェア数:239