2004.09.17

禁煙補助剤と相互作用を起こす薬剤

 日経ドラッグインフォメーション9月号から、「服薬指導―1」を紹介します。お試しください。

_________________「?」___

 50歳の女性Aさんが、総合病院の禁煙外来を受診した帰り道に薬局を訪れました。薬を受け取る際、Aさんは次のように話しました。

 私は若いころから、たばこを1日30本吸ってきました。でも先日、娘の出産をきっかけに禁煙しようと決心しました。たばこの煙が自分だけでなく、赤ちゃんにも悪い影響を及ぼすと思ったからです。早速、友達から聞いた病院の禁煙外来に行き、貼り薬を処方されました。この薬を貼れば本当にたばこをやめられるのですか。また、先生から、心臓や脳の病気をしたことはないかとか、飲んでいる薬はないかとか聞かれました。どういうことなのでしょうか。

■処方せん
(1) ニコチネルTTS30 1日1枚 最初の4週間
(2) ニコチネルTTS20 1日1枚 次の2週間
(3) ニコチネルTTS10 1日1枚 最後の2週間

Q1 ニコチネルTTS(経皮吸収ニコチン製剤)の3種類のサイズが漸減的に処方されているのはなぜか。

Q2 服用していた人がニコチネルTTSを使用して禁煙開始後、作用が増強してしまう薬剤は次のうちどれか。

(1) ハルナール(一般名:塩酸タムスロシン、α遮断剤)
(2) テノーミン(一般名:アテノロール、β遮断剤)
(3) テオドール(一般名:テオフィリン、キサンチン系気管支拡張剤)
(4) インデラル(一般名:塩酸プロプラノロール、β遮断剤)

 答えは本誌2004年9月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:118
  2. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:640
  3. 広がる中学生のピロリ検診・除菌 ニュース追跡◎エビデンス乏しく副作用の懸念も FBシェア数:547
  4. 酸素療法で飛んで行ったメガネ 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:69
  5. 急性肺塞栓除外のための新臨床ルールの提案 Lancet誌から FBシェア数:288
  6. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:206
  7. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:55
  8. 57歳男性。両下腿から足背の浮腫と紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  10. 高齢者の微熱、実は重篤なケースも 大井一弥の「即解!高齢者薬物治療のピットフォール」 FBシェア数:34