2004.09.17

禁煙補助剤と相互作用を起こす薬剤

 日経ドラッグインフォメーション9月号から、「服薬指導―1」を紹介します。お試しください。

_________________「?」___

 50歳の女性Aさんが、総合病院の禁煙外来を受診した帰り道に薬局を訪れました。薬を受け取る際、Aさんは次のように話しました。

 私は若いころから、たばこを1日30本吸ってきました。でも先日、娘の出産をきっかけに禁煙しようと決心しました。たばこの煙が自分だけでなく、赤ちゃんにも悪い影響を及ぼすと思ったからです。早速、友達から聞いた病院の禁煙外来に行き、貼り薬を処方されました。この薬を貼れば本当にたばこをやめられるのですか。また、先生から、心臓や脳の病気をしたことはないかとか、飲んでいる薬はないかとか聞かれました。どういうことなのでしょうか。

■処方せん
(1) ニコチネルTTS30 1日1枚 最初の4週間
(2) ニコチネルTTS20 1日1枚 次の2週間
(3) ニコチネルTTS10 1日1枚 最後の2週間

Q1 ニコチネルTTS(経皮吸収ニコチン製剤)の3種類のサイズが漸減的に処方されているのはなぜか。

Q2 服用していた人がニコチネルTTSを使用して禁煙開始後、作用が増強してしまう薬剤は次のうちどれか。

(1) ハルナール(一般名:塩酸タムスロシン、α遮断剤)
(2) テノーミン(一般名:アテノロール、β遮断剤)
(3) テオドール(一般名:テオフィリン、キサンチン系気管支拡張剤)
(4) インデラル(一般名:塩酸プロプラノロール、β遮断剤)

 答えは本誌2004年9月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018年度診療報酬改定に向けた基本方針案 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:57
  2. 相撲界の日馬富士騒動を医療界に例えたら…… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:27
  3. 失敗しやすい第2のポイントは針の進め方と深さ EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:11
  4. 叱られた時のヘコみ度 病院珍百景 FBシェア数:20
  5. TIAを見逃し後遺症 循環器科医の過失を認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:23
  6. 「かぜ診療の見直し」は日英共通の課題 特別対談 日英で進む薬剤耐性(AMR)対策 FBシェア数:217
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:24
  8. 服用中にチーズを食べない方がいい薬って? 医師のための薬の時間 FBシェア数:6
  9. たばこじゃなくて加熱式たばこなら大丈夫ですか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:133
  10. アラフォー医師に訪れる危機(クライシス) 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:79