2004.09.17

厚労省、茨城県で「米から有機ヒ素化合物が検出」をうけQ&Aを掲載 

 茨城県が9月16日、神栖町のヒ素汚染問題で、農業用井戸水とその水を使って作った米から、自然界には存在しない有機ヒ素のジフェニルアルシン酸(DPAA)が検出されたと発表した。これを受け厚生労働省医薬食品局食品安全部は16日、ホームページに「米から検出された有機ヒ素化合物に関するQ&A」を掲載した。

 Q&Aは、「問1 ジフェニルアルシン酸(DPAA)を含む米を食べても、大丈夫ですか?」と「問2 有機ヒ素化合物であるジフェニルアルシン酸が検出された米は、食品衛生法に違反するのではないか?」の2問で構成。

 問1については、「ジフェニルアルシン酸(DPAA)については、環境省で種々の毒性試験等が実施されているところで、現時点では毒性に関する知見が限定されている」と前置きした上で、「環境省によると、ねずみ(ラット)を用いた28日間反復経口投与試験においては、0.3mg/kg体重/日では何ら有害な影響はみられなかった」と説明している。

 また、茨城県が実施した調査結果に言及。1.今回DPAAが検出された米を常食していた当該米の生産者とその家族の生体試料(毛髪や手足の爪)からはDPAAが検出されなかった、2.当該米の一般流通量は限定されている−−の2点を挙げ、「一般の消費者がこれらの米を摂食したことによって、健康上の悪影響が生じる懸念は極めて少ない」と結論付けた。

 問2について、毒性に関する知見が限定されていることを指摘した上で、「現段階において、食品衛生法第6条第2項に違反すると判断することは困難」と説明している。

 なお、茨城県は、検出された米が健康に悪影響を及ぼす恐れは極めて低いとしつつも、「念のため、米の出荷自粛を収穫した4農家に要請した」と発表している。(三和護)

*厚労省の「米から検出された有機ヒ素化合物に関するQ&A」はこちら
*茨城県のプレスリリースはこちら

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  2. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:530
  3. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:253
  4. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:252
  5. インフルエンザ脳症で30代患者死亡、今季2例目 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:303
  6. 「2025年」大予測! 医療改革は成功?失敗? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:2
  7. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:151
  8. 7対1と10対1を「急性期一般入院料」に再編 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:39
  9. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:194
  10. 他界した弟に導かれて医師の道へ 人物ルポ■奄美群島の産婦人科医療に挑む小田切幸平氏 FBシェア数:154
医師と医学研究者におすすめの英文校正