2004.09.16

FDAが近視を矯正する眼内レンズを承認

 米国食品医薬品局(FDA)は9月13日、中程度から重度の近視を矯正する眼内レンズ、「Artisan」を承認した。白内障の手術時に挿入する眼内レンズと似ているが、白内障のレンズは水晶体を摘出して挿入するのに対し、Artisanは水晶体の上に挿入する。近視矯正の新たな選択肢と言えそうだ。

 治験は、中程度から重度の近視を持つ662人を対象に行い、3年後に視力が20/40以上を示した人は92%だった。なお、視力20/40とは、米国で自動車の運転免許を取得するのに必要な視力だという。また3年後の視力が20/20かそれ以上だったのは、被験者の44%に上った。

 一方、Artisanを挿入して3年後の時点で、年率1.8%の割合で継続的な角膜内皮細胞の消失が認められている。現時点では、この傾向が長期的に続くのかどうかは不明だという。FDAでは、角膜内皮細胞が長期の消失に耐えられるほど密な人のみが、同レンズを挿入すべきだと、ラベル表示に明記するよう義務付けている。

 Artisanの製造元は、Ophtec USA社(フロリダ州Boca Raton)。詳しくは、FDAによるニュース・リリースまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1054
  2. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:292
  3. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:432
  4. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:16
  5. どうする? 扁桃摘出1週間後の術後出血 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:0
  6. BPSDには非薬物療法が最良の選択肢なのか? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:62
  7. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:22
  8. 天井に届いた喀血 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:1
  9. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:49
  10. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:56