2004.09.16

FDAが近視を矯正する眼内レンズを承認

 米国食品医薬品局(FDA)は9月13日、中程度から重度の近視を矯正する眼内レンズ、「Artisan」を承認した。白内障の手術時に挿入する眼内レンズと似ているが、白内障のレンズは水晶体を摘出して挿入するのに対し、Artisanは水晶体の上に挿入する。近視矯正の新たな選択肢と言えそうだ。

 治験は、中程度から重度の近視を持つ662人を対象に行い、3年後に視力が20/40以上を示した人は92%だった。なお、視力20/40とは、米国で自動車の運転免許を取得するのに必要な視力だという。また3年後の視力が20/20かそれ以上だったのは、被験者の44%に上った。

 一方、Artisanを挿入して3年後の時点で、年率1.8%の割合で継続的な角膜内皮細胞の消失が認められている。現時点では、この傾向が長期的に続くのかどうかは不明だという。FDAでは、角膜内皮細胞が長期の消失に耐えられるほど密な人のみが、同レンズを挿入すべきだと、ラベル表示に明記するよう義務付けている。

 Artisanの製造元は、Ophtec USA社(フロリダ州Boca Raton)。詳しくは、FDAによるニュース・リリースまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:479
  2. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:12
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. オピオイドの用量調節とスイッチングの基本方法 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」 FBシェア数:105
  5. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:582
  6. 「真面目なメンタルケア」が真面目ちゃんを苦しめる 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:20
  8. インフル入院患者、届出数が100人を超える インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:109
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:196
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:180