2004.09.15

2004年春の都内の花粉量は前年の1割、花粉症患者数は半減

 2004年春シーズンの東京都内のスギ・ヒノキ花粉量は都心の千代田区で481個/cm2で、2003年春シーズンの同地区の花粉量3622個/cm2の13%と少なく、1985年に都が観測を初めて以来、1989年と1994年に次いで3番目に少ない年になった。

 千代田区内のある診療所における花粉症の初診患者数と花粉量との関係を見ると、花粉量の対数と患者数がほぼ比例関係にあり、花粉量が大幅に減って10分の1になった今年春の花粉症患者数は694人で、1141人だった前年の61%だったという。

 東京都は、花粉量や花粉飛散開始時期、患者数などに関する予報を出しており、2004年春の状況はおおむね予測通りだったとしている。

 東京都のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:3
  2. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  3. 胃穿孔でショック死、開腹の決断の遅れを認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:3
  4. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:141
  5. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:95
  6. バリウム検診で「要精検」と言われる患者 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:54
  7. 初めてのレセ請求、期限間際に思わぬ問題が発覚 開業の落とし穴 FBシェア数:3
  8. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:100
  9. 米国の人工膝関節全置換術は適応を見直すべき BMJ誌から FBシェア数:66
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:13