2004.09.15

2004年春の都内の花粉量は前年の1割、花粉症患者数は半減

 2004年春シーズンの東京都内のスギ・ヒノキ花粉量は都心の千代田区で481個/cm2で、2003年春シーズンの同地区の花粉量3622個/cm2の13%と少なく、1985年に都が観測を初めて以来、1989年と1994年に次いで3番目に少ない年になった。

 千代田区内のある診療所における花粉症の初診患者数と花粉量との関係を見ると、花粉量の対数と患者数がほぼ比例関係にあり、花粉量が大幅に減って10分の1になった今年春の花粉症患者数は694人で、1141人だった前年の61%だったという。

 東京都は、花粉量や花粉飛散開始時期、患者数などに関する予報を出しており、2004年春の状況はおおむね予測通りだったとしている。

 東京都のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:127
  2. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:64
  3. CT読影レポートの見落し、どうすれば防げる? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:62
  4. 55歳女性。両眼瞼の掻痒、発赤腫脹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  5. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:38
  6. 新しい外来診察室で働き方が変わる ケーススタディ◎グッドデザイン賞を受賞した「ユニバーサル外来」 FBシェア数:7
  7. 50代男性「肺炎が治らない」で注意すべきは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  8. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:129
  9. 10歳男児。頭痛、嘔吐、けいれん 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  10. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:33
医師と医学研究者におすすめの英文校正