2004.09.15

2004年春の都内の花粉量は前年の1割、花粉症患者数は半減

 2004年春シーズンの東京都内のスギ・ヒノキ花粉量は都心の千代田区で481個/cm2で、2003年春シーズンの同地区の花粉量3622個/cm2の13%と少なく、1985年に都が観測を初めて以来、1989年と1994年に次いで3番目に少ない年になった。

 千代田区内のある診療所における花粉症の初診患者数と花粉量との関係を見ると、花粉量の対数と患者数がほぼ比例関係にあり、花粉量が大幅に減って10分の1になった今年春の花粉症患者数は694人で、1141人だった前年の61%だったという。

 東京都は、花粉量や花粉飛散開始時期、患者数などに関する予報を出しており、2004年春の状況はおおむね予測通りだったとしている。

 東京都のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:29
  2. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:222
  3. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  4. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:237
  5. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:56
  6. 若年者のピロリ菌スクリーニング検査は簡便な尿中抗… 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385
  8. 初訪問で患者が激怒!そのワケは? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:79
  9. 「怒鳴る」「注意できない」管理者の結末 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:6
  10. 2016年の梅毒患者は4500人超、最多の東京都… 前年比で大幅増加 FBシェア数:239