2004.09.15

2004年春の都内の花粉量は前年の1割、花粉症患者数は半減

 2004年春シーズンの東京都内のスギ・ヒノキ花粉量は都心の千代田区で481個/cm2で、2003年春シーズンの同地区の花粉量3622個/cm2の13%と少なく、1985年に都が観測を初めて以来、1989年と1994年に次いで3番目に少ない年になった。

 千代田区内のある診療所における花粉症の初診患者数と花粉量との関係を見ると、花粉量の対数と患者数がほぼ比例関係にあり、花粉量が大幅に減って10分の1になった今年春の花粉症患者数は694人で、1141人だった前年の61%だったという。

 東京都は、花粉量や花粉飛散開始時期、患者数などに関する予報を出しており、2004年春の状況はおおむね予測通りだったとしている。

 東京都のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:280
  2. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:377
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. 院外と院内の価格差、中医協でも議論に トレンド(DIオンライン) FBシェア数:21
  7. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:682
  8. NAFLD患者は脳の萎縮が早くなる可能性あり JAMA Neurology誌から FBシェア数:58
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:17
  10. 高齢者にも脳症リスクあるA(H3)は流行する? 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《上》 FBシェア数:1