2004.09.15

【先取り!日経DI】 10月号特集は「外用剤の服薬指導」

 日経ドラッグインフォメーションのホームページに掲載中のコラム、「先取り!日経DI」が更新されました。同コラムは、次の「日経DI」がどんな内容になるか、“さわり”を一足先に紹介したもの。月に2回、更新しており、毎月1日には当月10日発行号の、毎月16日には翌月10日発行号の中身を紹介しています。本日、更新分は10月10日発行号について。詳しい内容はこちら。

■■
特集テーマは「外用剤の服薬指導」

 10月号の特集テーマは「外用剤の服薬指導」です。外用剤では、内服剤とはまた違った指導が必要になります。塗り方の説明方法だけでなく、患者から受けがちな質問への答え方、患者が使い方を間違いやすい部分の指導の工夫などをまとめられたらと考えています。余談ですが、外用なのに“服”薬というのはちょっとヘンなので、実際のタイトルはもう少し考えようと思っています。

 Reportは「薬局での盗難事件」に関する記事を予定しています。最近、盗難に遭う薬局が増えているそうです。抗精神薬狙いではなく、現金狙いで。どうやら薬局というところには、泥棒さんに狙われやすい“構造的な何か”があるらしいです。記事が具体的にどのようなものになるかはまだわかりませんが、実例と防犯対策のような感じでしょうか。事件好き(?)のS記者が鋭意取材中です。

 10月号の話ではありませんが、編集部内では「服薬マネジメント虎の巻」、「日経DIクイズ6」という2冊の別冊の作業が大詰めを迎えています。本屋さんに並ぶ日を夢見ながら、担当のT記者とOデスクががんばっていますので、発行された暁にはぜひご覧くださいませ。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:170
  2. 適応のある/なしは患者の知ったことではない 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:31
  3. 意外に怖いRSウイルス、乳児に加え高齢者も トレンド◎重症化の頻度はインフルエンザと同等 FBシェア数:7
  4. 診療報酬改定は在宅の負担軽減、遠隔診療が焦点 特集◎かかりつけ医の未来《動向編3》 FBシェア数:24
  5. 胃潰瘍後のPPIはいつまで続ける? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:85
  6. 休みがちな職員の影響で負担増大、院長も苦慮 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  7. そのまま、動かすな! 連載小説「坂の途中」 FBシェア数:9
  8. 順大が総合診療医向けのキャリア構築プログラム 大学と市中病院が連携、研究と臨床を学ぶ場を提供 FBシェア数:108
  9. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:112
  10. 負荷試験や経口免疫療法に伴う重篤な事例は9例 日本小児アレルギー学会が「重篤な食物アレルギー症状」の緊急調査 FBシェア数:5